玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

準備万端!独立1年目に、ガンガンお客さんを取れる体制を整えたのに、2年目以降売り上げが落ちて・・・

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、これは以前とある交流会の立ち話で聞いた相談。ですので、コンサルはさせて頂いていないのですが、こういうケースがあるんだなということで、皆さんに考えて頂ければと思います。

とある士業の方。

その方は、開業3年目になっていましたが、お客さんが増えないことに悩んでいました。

幸い、ネット広告で、なんとか生きていけるくらいのお客さんは、来ていただけれているようなんですが、それ以外では、なかなか集客出来ないという話でした。

通常、開業3年にもなっていれば、紹介の仕事も入ってくる時期ですので、広告で新規のお客さんが集められているなら、顧客が増える一方で利益も増えるはずなんですね。原則。

ところが、その方は、まったくそんなことが起こっていなかった。

いや、むしろ、開業1年目の方がお客さんが多かったという、驚きの情報を話してくれたんですね。

開業1年目の方が仕事があったということは、出される結論は、『お客さんの信頼を作る努力をしなかった』ということに尽きます。

そう思って、話を聞いていると、やはり、無茶な営業をかけて、しかも、無理やり買ってもらい、そして滞京したサービスの質が良くなるような努力をしなかった。そんな様子がちらちら見えてきました。

これが良くある、『営業さえ出来ていれば』『集客さえできていれば』二行が安定するという大きな間違いのパターンを実践しちゃったケースなんです。

そして、最悪なのは、営業力があればあるほど、その失敗の規模は大きくなります。

なにせ、『自分は信頼できません』という宣伝を一生懸命しているような状態だからです。

経営者の中には、うちは、リピーターがいない職種だから。なんて堂々という方がいますが、基本そんな職種はありません。

本人がリピーターにならずとも、その人の知り合いや、友人、親戚など、たくさんの人がその1人のお客さんからの評判を聞き、仕事を頼むかどうかを決めています。

1人の後ろに、100人、1000人の人がいることを忘れてはいけないんですね。

もちろん、お客さんに変に迎合する必要はありませんが、お客さんに、頼んでよかった!!と、言って貰える様なサービスをするのは最低限のマナー。

そして、それをするから、信頼が作れるんですね。

そして、信頼があるから、年数が立てばたつほど、仕事が増えるんですが、それを知らないで、営業力だけで何とかしようとしてしまったら、こうなってしまうんだと、ちょっと悲しい思いをしながら話を聞いていました。

さて、あなたも、集客さえできれば、売り上げが上がると思い込んでいませんか?

それ以外にも、学ぶべき大事なことがあります。そしてそれは、こまめに、注意してもらえる環境や、こまめにアドバイスがもらえる環境でなければ治りません。

だからこそ、私は、無理せずで、とにかくこまめに話をしましょうと生徒さんに最初呼びかけるようにしています。

そうすることで、悪い癖を一緒に治すことが出来ますから。

あなたは、自分の悪い癖、そのままにしておいて大丈夫ですか?私が、お客さんに好かれる経営者になれるアドバイスさせてもらいますよ。

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

 

タイトルとURLをコピーしました