玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

阿部さんの話を聞いて、初めて気がつきました!『なるほど、行政書士同士って・・・こういう関係だったんですね』

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、無理せず起業塾の授業、無理せず開業行政書士講座が11月末からスタートしますよ!

無理せず開業行政書士講座はこちらから

さて、無理せず開業行政書士講座ですが、他の行政書士講座とは、一線を画した起業塾。

何が違うかというと、他がしがらみなどで話せないことを、私は正直に話せるというところが大きいポイントなんです。

というのも、私は本職が教育者であり、コンサルタントです。ですので、わたしの場合は、行政書士じゃなくなっても生きていける。

そういうこともあって、私は、きれいごとなしの本当に大事な情報を出し続けてきました。

その結果、今年行政書士の登録もはずしたので、しがらみを本当に気にせずに、本格的に、皆さんにアドバイスができるようになりました。

例えば、私がよくアドバイスすることとして、同業の行政書士との関係ですが、わたしの話を聞いた方が、こんな感想を下さっています。

なるほど、行政書士同士は、お仲間であると同時に、競争相手になってしまうわけですね。

私は、まだ数年は、兼業状態を続けますので、あまりシビアに考えていませんでした。貴重なアドバイスを有り難うございました。

阿部先生のアドバイスを参考にさせていただいて、アイデアを練って行きたいと思います。

新人のときに、他の先生に助けてもらえるという甘えが身につくと、その人はどこかで見捨てられることになります。

お互いが、別の経営者だと自覚した上で、誰かに教えを請うことが出来るというのは、大変ありがたいことなのだと分かっていないと、先輩や同期に失礼な態度をとり続けることになります。

そういう人は、狭い業界なので、悪評が飛び交い、結局、相手にされなくなるなんてこともありえます。

信頼を作るのは難しいですが、信頼を壊すのは一瞬です。

さっと、信頼なんて崩れてしまうんですね。

そして、信頼はお金と同じで、貯金して作るものなんです。その信頼の貯金を切り崩して、使い続けると、信頼がなくなってしまう。そういうことをしてはいけないんですね。

こういう大事なことは誰も教えてくれません。

経営者として、知らなければならないこと。そういうことを重要視して話をするのは、無理せずの大きな特徴。

きれいごとを聞きたければ、うちじゃないほうがいいですし、感動したければ、うちじゃないほうがいいです。

うちは、その代わり、キチンと生き抜いていく正当な力をつける起業塾ですよ。

無理せず開業行政書士講座はこちらから

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました