独立で悩む司法書士さんが「自分の好きな本」を名刺に書いたらこんなことが起こった【開業体験記6】

こんにちは。0から育てる経営者養成塾玄徳庵のこうめいです。

玄徳庵は私が元行政書士ということもあり、行政書士さんから相談を受けることが非常に多いんですが、それ以外にも司法書士・社労士・弁護士・税理士などの士業の方の相談もいただくことが多いです。

さて、今日は私のところに開業前に相談に来た司法書士さん。

たった一つの工夫で大きな顧問契約が取れたというお話です^^

その司法書士さんは独立をしたいと数年前から色々と準備をされてきました。ところが残念なことに、なかなか手ごたえを感じることができず独立をあきらめようと悩んでいたときに私のところにいらっしゃいました。

ちなみにこの時点で前の事務所はやめられていて、「独立するか?」「ほかの事務所での就職をするか?」を悩んでいる状態でした。

経験値も、実力的にも、そしてキャラクター的にも独立していっても十二分にやっていけそうな司法書士さんだったんですが、その自分自身の魅力の伝え方がさっぱり分からない…。

そんな状態で暗い顔をされていたんですね。

そこで、私も、とりあえずその方が本来の魅力を取り戻せるようにアドバイスをさせてもらったんですが、その時に、

「ほかのものはいろいろ時間がかかると思いますが、名刺であれば今すぐにでも司法書士さんの魅力を伝えるものに変えられますよ!」と提案したんです。

それならば、教えてください!ということで、今までの名刺の裏面に『自分の好きな本』などの個人の趣味をその場で書いてもらって、それを名刺に自分の自宅で印刷してもらうことにしました。

その3日後……。

司法書士さんから連絡が来て、「こうめいさんにアドバイスもらって名刺に書いた『好きな本』を見て、地元ではそれなりに大きな会社の社長さんが「あなたもこの本が好きなの?」という会話が始まって……、独立するつもりだって話したら、独立後に顧問契約を結んでもらえることが決まりました!!」

この顧問契約をとれたことをきっかけに、この司法書士さんは自分での独立を決意して司法書士として頑張られています。

個人事業主。取り合わけ士業のような先生業は、個人の生きざますべてが魅力となり武器になります。

ところが、皆が同じような価値にしか見えない商品の魅力だけをぶら下げて戦ってしまっているのが今の士業の世界です。

同じような価値の商品なら、それは安いものを買いたくなっちゃうので価格競争が始まるんですよね。その結果業界全体が衰退していきます。

そういうダメな波に巻き込まれないためにも「自分自身の価値」というのをいろんなところで表現していきましょう^^

今回のように好きな本一冊を名刺に書くだけで人生が変わった人もいます。

これはやるかやらないかの違いでしかありませんよ^^ぜひ試してみてくださいね

ちなみに玄徳庵では集客力をアップさせる名刺の作り方を伝授しています。お客さんが集まっちゃう名刺の作り方も相談できる玄徳庵のお試しコンサルはこちら

 

 
玄徳庵のブログやYouTubeで取り上げてほしい相談はコメントメッセージかお問い合わせページから送ってきてくださいね!
■お問い合わせはこちら

<玄徳庵の授業>
玄徳庵の授業は段階別に、基礎トレ・中トレ・上トレの3コースがあり、すべてのコースが半年間コンサルと併用して授業を行うスタイルとなっております。

しっかり学び、コンサルを通じて実践できる。生きた学び舎ですよ

■基礎トレ講座(初心者向け総合)
■中トレ講座(利益アップ特化)
■上トレ講座(メンタル・人間力特化)
☆Cクラス(月一回の読書勉強会クラス)
☆Dクラス(週一回の有料メルマガクラス)

<玄徳庵のコンサル>
玄徳庵のコンサルは3クラスに分かれています。
■Aクラス(おすすめ・基本)
■Bクラス(安い・気軽)
■Sクラス(がっちり)
※法人さん向けのSSクラスが別途ございます。

<玄徳庵とは?>
奪い合い・騙し合いの競争社会から抜け出し、笑顔で働ける。笑顔で過ごせる人を日本に増やしていくことを目標に活動している起業塾です。

<阿部こうめいとは?>
経営者さんの成長を妨げる棘を抜く『刺抜きコンサル』を自称する教育者(コンサルタント)。20代の時に行政書士事務所所長・学習塾講師を経験し、本当に悩んでいる人の悩みを解決したいと曹洞宗のお坊さんになった変わり者。見た目が厳ついけど「カプセルトイ」などかわいいものが好き

 

タイトルとURLをコピーしました