あえて副業を選択したことで、行政書士人生が楽しいものになりました!!

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の浩明(こうめい)です。無理せず起業塾、今日もよろしくお願いします。

メルマガを配信していると、過去の卒業生さんからメッセージをいただけることがあります。

卒業生が活躍しているのって、教育現場の人間からすると最もうれしい報告なんです。ということで、こんなメッセージをいただきましたよ。

いつも、気づきの多いメルマガを配信していただき、ありがとうございます!

起業に向けて色んなメルマガやブログ等で情報収集していますが、阿部さんからは、人間として一番見失ってはいけないものに気づかされることが多いです。人間力を磨けるところに、私はすごく惹かれています。

>だから、世の中の人を、ライバルと見ることも、
>お金とみることもやめてください。
>私たちは、仲間になれる可能性を持っているんです。

事業の大小に関わらず、周りで成功している人って、ここをきちんと全うできている人だと思います。

お客さんもバカではないので、ここが抜けてしまうことで、離れていってしまうのかなと…。

このメルマガの内容ではないのですが、阿部さんから「副業」というご提案をいただいて以降、本当に気が楽になったのと、それによって、視野が広がったり、得られるものが増えたりするようになりました。これからも、よろしくお願いします。(行政書士 男性)

さて、この生徒さんは行政書士として開業を目指していました。

最初は行政書士として、相続や離婚の業務を扱いたいとおっしゃってたんですね。

ところが、1時間のコンサルでお話を聞いている間に、あれ?この生徒さんは、行政書士になって本当にその仕事がしたいのかな?そんな疑問がわいてきてんですね。

そこで、一緒に、本当にやりたいことは何なのか?行政書士にこだわらずに、紙に書きだしながら考えていったんですね。

その後、私との相談の結果、「子育てパパの支援」というのをしたい!

というのが、その方の本当の願いだということが見えてきました。だから私は、あえて専業ではなく副業で行政書士として活動することを勧めたんですね。

それは、様々な条件を見て、起業して専業として行政書士をやるよりも、今のお仕事を生かしながら、ご自身の夢目指したほうがいいということがわかったからです。

その結果、今でもフェイスブックなどで楽しそうに活動されている姿を見かけています。

専業だけが答えではないんです。

自分の夢をかなえるのに専業がいいのか?副業がいいのか?それを考えることが大事であって、プライドや見栄で決めるのが専業副業の選択ではないんですね。

私は、専業が絶対の正義だとは思っていません。

それはこの生徒さんのような事例がたくさんあるからなんですね。

あなたは、本当に専業を目指すことが正しい選択ですか?こちらから一度私と話をして、その方向性があっているか確認してみるのも一つの手ですよ

 

[table “1” not found /]
[table “2” not found /]