みんなが突っ込みを入れやすい!そんな弱点を一つさらけ出すとお客さんが増えます

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の浩明(こうめい)です。無理せず起業塾、今日もよろしくお願いします。

最近フェイスブックに届く投稿は、「阿部さんダイエット頑張ってください!!!」系の投稿が増えています。

実は私、今ダイエット中です(笑)

これ、本当にどうでもいい情報だと思うんです。単純に仕事をしていくうえではね。

例えば、私がやせていようが、太っていようが、コンサルとしての腕はまったく変わりません。でも、ダイエットをしてるんです。という話を、私はあえて公表してます。

さて、ここからが集客出来るブロガーさんと集客できない人との違いになります。

私があえてこういう話題をふっているのは、何でだと思いますか?

これは、「読者さん達に突っ込み」を入れてもらうため。もっと分かりやすくいうと、私に話しかけやすい話題をふっているんです。

例えば、これが私がめっちゃやせてて、ダイエットしてますというと、それは反感を買います。というのも、もうやせてるじゃん!!!という共感を得にくい状態だから。

一方、私の場合、体重は油断をすると、すぐに100キロを超えて、今回は、115キロまで行きましたので、あわてて減量をしているわけですが、そうなると応援したくなる人も多いです。

これは、私が太っているという弱点を克服しようと頑張ってるんだよ~。という共感を得やすい状態だから出来る情報提供です。

実は、このちょっとした弱点を出すことで信頼をつかむというのは、結構有効な手法です。

例えば、私は塾講師時代、『国語に関しては、何を聞かれても答えられる』という状態を維持していましたし、時事ネタもガンガン入れていたので、比較的なんでも知っている先生と思われていました。

その上で、厳しい講師でもあったので、このままだと、子供達のコンプレックスを作ることになります。

『どうせ先生は、何でも出来て、私達のつらさなんて知らないんでしょ?』

こう思われたら、どんなにいい授業をしても子供達の心に響かなくなってしまうんです。

そこで、私はある程度信頼をつかむために、自分の弱点をいくつか「カード」として持っていました。

具体的に言うと、

  • 英語だけまったく点数が取れなかった
  • 野球部10年いたけどずーとベンチだった
  • 年齢がふけて見える
  • 太っているキャラ

このあたりを一つのカードとして時折、切っていくわけです。

もちろん、自分の悪い弱点ばかり主張したらこれは意味がないのですが、「しっかりしている人が少し抜けたことろがある」というのは、親近感を持ってもらえる絶好のチャンスなんです。

そして、相手からしても、完璧人間より、ちょっと隙のある人間の方が人間味を感じて急に親近感を覚えるようになるんですね。

そして、親近感を覚えてもらえば、会話も増えますし、気軽に話しかけてくれるようになるので、相談事も増えます。

そう!大事なのは、この隙を作ること。

しかも作りすぎて、信頼をなくす隙ではなく、程よく笑い話に出来る隙を作ること。

これが案外重要になります。

みなさん、必死にかっこつけてませんか?逆にかっこつけると、かっこ悪いことになりかねませんので、注意してくださいね。

 

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら