終活事業を執り行う行政書士にキチンと勉強して欲しい、習慣や風習。法律以外を学べば、あなたは特別な存在になれる

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

最近、お墓が要らない、お葬式がいらない、何々がいらない・・・そんなことをおっしゃる方が、都会を中心に増えてきているそうです。

確かに、今のお坊さんの業界などを見たり、葬儀業界を見たりすると、何のために葬儀をしないとだめなの?お坊さんのためじゃないの?何て思われてしまう行動をしてしまっている人もいるのかもしれません。

ただ、キチンとその地域や、その場所で受け継がれてきたものというのはそれなりに理由があり、それをキチンと理解した上で、否定をするのならいいのですが、多くの場合は、表面的な情報や、思い込みだけで批判してしまっている人が多いのが、残念なところです。

特に、終活分野に携わる法律業の皆さんには、キチンとそれぞれの宗派の考え方や、風習、そして、その地域の考え方というのを理解してから、仕事に取り組んでほしいのですね。

例えば、法事が何回もある。

ある方が亡くなられて、その後1周期、3回忌、7回忌・・・・50回忌といったように、長く法事が続くわけですが、これは、キチンと理由があるわけですね。

ところが、それを単に、お坊さんのお金儲けだ!!と言い切ってしまう人がいると、これまた、大変な話しになるわけです。

確かに、檀家制度崩壊から、お寺は非常に苦しいところが多く、全国の寺院の80%は副業なしでは、生計を立てられない、維持が出来ない状況のお寺だといわれています。お金がまったくなければ、もっと悲惨な状況になると思います。

それでもお坊さんたちが、バイトしながらでも守ろうとしているものがあるわけですね。

そのあたりはなんでなんだろうと、やはりアンテナを張ることで、『法律家としての目線でしかものごとを見れない嫌われ法律家』から脱却することが出来ます。

私自身も、相続分野をやっていた元行政書士ですから、色んな気持ちはわかります。ましてやお坊さんでもありますからね。両方の立場を知っています。

その上で、終活分野で考えなければならないのは、50年後のその方の子孫の思いや状況というところにあります。

例えば、子供に負担をかけたくないと家族葬を個人が用意しておいたことで、その後、他の親族から、『何だあの葬儀は!!』と、子供が怒られて、もう一度葬儀をやらなければならなくなった。

あるいは、家族葬ゆえに呼ばれなかった人たちが、ぞろぞろと、残された家族のもとに来て、お線香を上げに来るので、1年間、休日がほとんど潰れてしまった。

お墓を用意しなかったので、墓参りの時期になると、そんなに親しくない人たちまで、自宅に押しかけてお線香を上げに来るので、対応が大変になった。

そんなこともありえるということを、キチンと想定することが必要です。

そこまで想定した上で、そうならないように、こういう風にしておきましょうと提案できるのが、本物のプロであって、依頼者の言うとおりに書類を作るだけなら、行政書士ではなく、公証人だけで事足りることになります。

例えば、法事というのは、そのなくなった仏さんの縁を通じて、みんなで顔を合わせて、みんな元気でよかったね。と、その方をしのびながら、残されたものの、心の整理をしていく場でもあります。

そういうのを昔の人は、段階を踏んで、ゆっくりと心を癒していければいいとおもって、作っていわれているそうです。

つまり、基本は、法事やら含めて終活というのは、残された方の負担や不安を減らすために、昔の人が作った制度と、今の世の中の情勢を重ね合わせて、どうするのが、依頼者や、依頼者の親族、そして、依頼者の周りの人々の幸せになるか?

もちろん全員が納得なんて出来なくても、それでも、なるべく最善の方法を考えていく。そういう風に、努力するのが本当の終活のプロだと私は考えるんですね。

まぁ、そこから先は、各経営者の判断になるでしょうからあまり言いません。

ですが、このように、法律以外で考えなければならないことはたくさんありますが、そこを見てみぬ振りしてしまっている法律業は案外多いものです。

だから逆に、そこをキチンと学び、理解することで、他の法律行にはまねができない、唯一の存在になれるはずなんですね。

無理せずで、私が、法律以外のことを学んでください。という風に法律業の方に言うのは、こういう経験があるからです。

案外、法律家として優秀な人よりも、こういう周りの知識や業界の常識がある人のほうがお客さんは安心して仕事を回せます。

私が、実際に相続の相談をたくさんもらえていたように、あなたも、法律論だけでなく、他の知識というのも学ぶようにしてみてくださいね。

そういう知識の取得方法や生かし方なども、私がサポートしていますよ。

 

玄徳庵のブログやYouTubeで取り上げてほしい相談はコメントメッセージかお問い合わせページから送ってきてくださいね!
■お問い合わせはこちら

<玄徳庵の授業>
玄徳庵の授業は段階別に、基礎トレ・中トレ・上トレの3コースがあり、すべてのコースが半年間コンサルと併用して授業を行うスタイルとなっております。

しっかり学び、コンサルを通じて実践できる。生きた学び舎ですよ

■基礎トレ講座(初心者向け総合)
■中トレ講座(利益アップ特化)
■上トレ講座(メンタル・人間力特化)
☆Cクラス(月一回の読書勉強会クラス)
☆Dクラス(週一回の有料メルマガクラス)

<玄徳庵のコンサル>
玄徳庵のコンサルは3クラスに分かれています。
■Aクラス(おすすめ・基本)
■Bクラス(安い・気軽)
■Sクラス(がっちり)
※法人さん向けのSSクラスが別途ございます。

<玄徳庵とは?>
奪い合い・騙し合いの競争社会から抜け出し、笑顔で働ける。笑顔で過ごせる人を日本に増やしていくことを目標に活動している起業塾です。

<阿部こうめいとは?>
経営者さんの成長を妨げる棘を抜く『刺抜きコンサル』を自称する教育者(コンサルタント)。20代の時に行政書士事務所所長・学習塾講師を経験し、本当に悩んでいる人の悩みを解決したいと曹洞宗のお坊さんになった変わり者。見た目が厳ついけど「カプセルトイ」などかわいいものが好き

 

誰でも参加できる勉強会のおすすめランキング紹介!
あなたの夢をかなえる事業計画書勉強会(「3のつく日」)

人は道に迷います。その迷いから救ってくれる道しるべ。それが事業計画書なんです。日本の経営者、特に自営業や小規模事業主さんは「事業計画」を書いたことがない方や、書いてもつかいこなせていない方もい多いかと思います。玄徳庵では、あなたの事業を救うだけでなく人生丸ごとの本当の目標をかなえる事業計画書の書き方と作り方を伝授しています。「本当の夢をかなえたい」経営者さんはぜひ一度受講してみてくださいね。

あなたの商品の魅力を10倍に!商品アピール力アップ勉強会(「0のつく日」)

いい商品が売れない時代。あなたが必死になって作ったいい商品が、なぜ売れないかというと、悪い商品がほとんどこの世の中からなくなってしまったから。つまり、ほどほどにみんないい商品なので、あなたの商品の良さがお客さんには理解できなくなってしまった。これが現代の一番の問題点です。だから商品がそんなに良くなくてもアピールがうまい人の商品が売れてしまいます。そこで、この講座では本当にいいものを売れるようにするために、あなたの「商品アピール力」を鍛え、本当にいい商品を売れる環境を整えることを目指しています。売り上げ直結の講座です。

自分の死後に備える!経営者のための終活エンディングノート講座(毎月「16日」)

人は突然最期を迎えます。それが、個人事業主や小規模事業主であれば残された人に大きな負担が残るってご存じでしたか?実は経営者が仕事で契約したHP会社がわからず、あなたの死後も家族が何百万も経費を負担するようになったなんてことが実際に起こるのが事業主がなくなるということなんです。だからこそ、自分の死に備える覚悟は経営者にとって避けてはいけない課題です。ちなみに玄徳庵では、元相続系行政書士でお坊さんの塾長と現役行政書士の岡田がコラボして、未来を明るくするエンディングノートの活用法を伝授しますよ

0からでもできる!お客さんから選ばれる信頼集客勉強会(「2のつく日」)

現在開講に向け準備中です!

あなたの悩みの8割を吹き飛ばす!人間関係改善実践勉強会(「8のつく日」)

現在開講に向け準備中です!

無理せず開業行政書士&士業講座(不定期「26日」)

現在準備中です

知らなかったではダメ!経営者のための法律講座(不定期「6日」)

現在準備中

玄徳庵過去記事
シェアする
玄徳庵 和尚さんと学ぶ「人生を豊かに生きる経営塾」
タイトルとURLをコピーしました