玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

行政書士などの先生と呼ばれるお仕事のサガ。それに甘えてはいけないんですね。

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、先生業といえば一番気を付けなければならないことがあります。

それは、自分を先生だと思わないこと。

先生と呼ばれる人と、私はずいぶん長くかかわってきました。

たとえば、「塾の先生」「学校の先生」「行政書士の先生」などなど、周りには、先生と呼ばれる人がたくさんいます。

そして、こういう職業についている人は、絶対に気を付けないといけないことがあるんですね。

それは、「自分は偉くないんだ」ということを忘れないこと。

私は、あまり先生と呼ばれるのが好きではありません。

というのも、先生と呼ばれていると、自分の立ち位置を勘違いするときがありそうだからなんですね。

私は、あくまでも、皆さんの先輩であって、先生ではありません。

プロではありますが、偉くはありません。

ところが、先生と呼ばれているうちに、「自分は偉いんだ!」なんて勘違いしちゃっている人が案外多いんですね。

それをやってしまうと、あなたは、裸の王様になってしまいます。

要するに、偉い偉いと、あがめられてけれど、気が付いたら周りには誰もいない。信頼できる人やファンの人なんかいない。

そういう状態になってしまうんですね。

それはあまりに悲しくなりませんか?

ということで、まずは、「自分が先生だ」「自分は偉いんだ」という思いを捨てるようにしてください。

これがすごく大事ながら、難しいことなんですよ。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました