セミナー講師が悩む『セミナーに招かれたり、自分で開催するときに、 どのように報酬を決めていますか?』

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、セミナー講師などの先生業ですが、報酬の決め方というのが非常に難しかったりします。

というのも、形がないものなので、仕入れの値段などがなく、判断材料がないから。

さらに、内容のよしあしは、お客さんが決めるところもあるので、いろいろ悩むことも多いです。

ということで、今回は、料金の決め方ということで、メルマガに書いた過去の記事を公開しますね。

無理せず起業塾のメルマガはこちらになりますよ。


それでは、今日の本題です^^

今日のテーマは、『セミナーに招かれたり、自分で開催するときに、どのように報酬を決めていますか?』です。

さて、開業講座のメンバーさんの中で、セミナーをやってみたいという方が、増えてきました^^そして、実際、実行される方も、増えてきています。

行政書士は、事務所で、かまえて待っていても、お客さんは来ませんので、とりあえず、失敗しても、行動してみるというのは、すごく大事です。

ですが、失敗も、続けてしまうと、自分の事務所を圧迫してしまうので、まずいわけです。

という事で、1度、自分で開催してみて、これじゃあまずいよな~。と感じることってたくさんあるんですね。これを、解決させるかさせないかで、その人の、成功までの道のりは、変ってくると思うんです。

今回は、実際セミナーにチャレンジされた方から、多くの人が頭を抱える、『報酬』についての質問が来ましたので、2、3回に分けて、お話します^^

今回は、『自分が主催するセミナーの参加費の決め方』について。

まず、セミナーには2種類のものがあります。1つは、『広報目的のセミナー』もうひとつが、『セミナー自体を売り物にするセミナー』

士業の多くがやっているセミナーは、実は、1つ目の、『広報目的のセミナー』なんです。

これは何かというと、相続セミナー、離婚セミナー、開業セミナー何でもいいのですが、セミナーを開催して、そのセミナーに参加してくれた人たちに、他のサービスを売るセミナーです。

無料で相続のセミナーを開催して、遺言を書きたい人を集めて、その遺言を自分で書くのは難しいと思わせて、依頼してくださいねというパターンに、持っていく士業の方は、多いようです。

私は、このやり方嫌いなんですが(笑)こういうやり方をしている士業は、いまだに多いようです。

本来は、『広報目的のセミナー』は、無料でも、分かりやすくお話して、この先生の話分かりやすいから、頼みたいな~。と思わせるのが、正しいやり方なのですがね。

話は戻して、このような、『広報目的のセミナー』は、人数を集めることが目標ですので、会場費用さえ、確保できればいいと割り切って、500円とか、1000円とかで、開催することも出来ます。

また、私が最初、5000円以下でセミナーを開催していたのは、お客様の声と、セミナー開催の写真を集めるのが、目的でした。

ここでいただいた、お客様の声と、セミナーの写真を、フルに使うことによって、他のお客さんを集めるという作戦でしたので、これも、『広報目的のセミナー』ですね。

一方、セミナーで、収益を出したいときには、ある程度の料金をいただかなければなりません。

そして、ここで、皆さんに、頭の切り替えをして欲しいんですね^^

「私のセミナーは、いくらの価値がありますか?」という疑問を持つ方がいると思いますが、あなたのセミナーの価値という風に考えていると、なかなか、料金は上げられません。

そうではなく、1万円なら、1万円と決めて、その料金で満足してもらうためには、どうすればいいのか?と考えるようにしましょう。

お客さん目線は大事ですが、お客さんには、セミナーの準備の大変さは、まったく見えていません。

例えば、DVD講座にした『大阪セミナー』は、準備に、2ヶ月かかっています。

それを考えたら、60万円の利益が出ないと、本来の事務所経営としては、赤字です。

でも、お客さんに、そんなことは関係ありません。だって、そんな苦労は、見えないのですから、仕方ないんですね。

スーパーに行って、一本150円の大根を見て、高いな~。と感じるのは、農家の人の苦労が、お客さんには、イメージできないからです。

それと同じわけですね。

だから、お客さん目線で、考えるだけだと、セミナーの料金にしてもなんにしても、上げられなくなってしまいます。

そこで、発想を逆にするんですね。セミナーで、いくら稼がないと、赤字になる。であれば、1人いくらに設定する必要がある。それでも満足してもらえるために、どういうことをすればいいか?

こうやって考えていく目線も大事なんです。

こうすることによって、実は、セミナーのレベルも上がっていきます。すると、高い料金でも、『良かったー』と、言ってもらえる、セミナーになっていくんですね。

ですので、自分でセミナーを開催するときには、まずは、セミナーの目的が、『広報目的のセミナー』なのか、『セミナー自体を売り物にするセミナー』を、決めてください。

そのあとは、自分で、しっかり料金を決め、その料金に見合うだけの、準備を重ねて、満足してもらえる、質のものを作り上げていく。

それが、セミナーの、運営の基本ですよ^^


無理せず起業塾の基礎テキストの第4巻『あれ?仕事はあるのにお金がない』のテキストでこれは語るのですが、とにかく報酬決めというのは大事なポイントです。

これが決められなかったり失敗すると、どんなに頑張っても、利益が出ない経営者になります。

だから、キチンと報酬の考え方というのを身につけてほしいんですね。

ただのいい人で終わらない。あなたもお客さんも幸せになるための起業を考えてくださいね。

 

☆期間限定イベント☆
玄徳庵では、外部の方も「愛され経営者」をめざし学べる機会を作りたいと毎月イベントを開催しています。よろしければご参加くださいね!直近のイベントは、以下の通りです。
 
現在イベントはありません!!
玄徳庵のブログやYouTubeで取り上げてほしい相談はコメントメッセージかお問い合わせページから送ってきてくださいね!
■お問い合わせはこちら

<玄徳庵の授業>
玄徳庵の授業は段階別に、基礎トレ・中トレ・上トレの3コースがあり、すべてのコースが半年間コンサルと併用して授業を行うスタイルとなっております。

しっかり学び、コンサルを通じて実践できる。生きた学び舎ですよ

■基礎トレ講座(初心者向け総合)
■中トレ講座(利益アップ特化)
■上トレ講座(メンタル・人間力特化)
☆Cクラス(月一回の読書勉強会クラス)
☆Dクラス(週一回の有料メルマガクラス)

<玄徳庵のコンサル>
玄徳庵のコンサルは3クラスに分かれています。
■Aクラス(おすすめ・基本)
■Bクラス(安い・気軽)
■Sクラス(がっちり)
※法人さん向けのSSクラスが別途ございます。

<玄徳庵とは?>
奪い合い・騙し合いの競争社会から抜け出し、笑顔で働ける。笑顔で過ごせる人を日本に増やしていくことを目標に活動している起業塾です。

<阿部こうめいとは?>
経営者さんの成長を妨げる棘を抜く『刺抜きコンサル』を自称する教育者(コンサルタント)。20代の時に行政書士事務所所長・学習塾講師を経験し、本当に悩んでいる人の悩みを解決したいと曹洞宗のお坊さんになった変わり者。見た目が厳ついけど「カプセルトイ」などかわいいものが好き

 

玄徳庵のおすすめサービスランキング!
本格コンサル(Aクラス)

玄徳庵のメインコンサルです。月1回ZOOMでの対面コンサルをして目標設定や問題解決に取り組みながら、個別のチャットルームでこまめに情報確認しながら実践していくコンサルです。このコンサルを受講していただけると、玄徳庵での授業などの内部向けのサービスすべてに参加できるようになります。

簡易コンサル(Bクラス)

玄徳庵の一番安いコンサルです!本格コンサルと異なり、『ZOOMでの対面コンサルがない』・『チャット相談が集団ルームだ』という代わりに価格を抑えたサポートとなっています。内部イベントや過去セミナー動画での勉強などは本格コンサルと同じように無料で使用できるのでお勧めです

玄徳庵中トレ講座(集客力アップ特化クラス)

玄徳庵の中で「集客力アップ」「売上アップ」に徹底的に注目して授業&コンサルを行うクラスです。半年間のサポートで「稼ぐ力をつける」にこだわって授業と実践コンサルを繰り返していきます。本格コンサルと同じ価格で、月2回の授業とチャットでの個別コンサルを受講できるのでお得なサポートです(※ただし半年が上限になります)

基礎トレ講座(起業したての経営者向け)

玄徳庵の授業クラスのうち一番基礎を学ぶクラスでありながら、全体像を学べる大事なクラスがこの基礎トレ講座です。特に開業年数が浅い方にお勧めですよ。半年間のサポートで「経営者としての基礎力」にこだわって授業と実践コンサルを繰り返していきます。本格コンサルと同じ価格で、月2回の授業とチャットでの個別コンサルを受講できるのでお得なサポートです(※ただし半年が上限になります)

特別コンサル(Sクラス)

コンサルクラスの中でも、従業員さんの育成が含まれた唯一のプランです。個人事業主とはいえ、パートやアルバイトとして人を雇うこともありますよね?そんな時に長く一緒に働けるように環境を整えたり、従業員さんの育成をしたりと大変なことがたくさんあります。その大変なことを、玄徳庵がお手伝いするのがこのSクラスです。

玄徳庵過去記事
シェアする
もう無理!とあきらめる前の個人事業主の駆け込み寺!玄徳庵
タイトルとURLをコピーしました