玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

行政書士が食えない資格といわれた理由は何?それを克服すれば食べていけるの?

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

行政書士は食えない資格だぞ~。このうわさは、最近収まってきたのでしょうか?行政書士だろうが、何だろうが、自営業で食べていけない人はどの業界にもいます。

絶対その業界で失敗しないでしょ?とか、そんなミスしないでしょということだって、誰かしらはミスをするもので、それがあなたでない保証はどこにもありません。

ということで、必要以上におびえることはないのですが、その噂が立つ理由というものについては知ってないと、やっぱりよくないですよね^^

ということで、今月の15日の勉強会でもこの話はもっと詳しくします。

が、ここでも過去のメルマガを使って、ちょっと紹介していきましょうね。

メルマガ『新!無理せず開業行政書士講座』第2回より(配信終了のため公開)

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士(当時)の阿部です。

行政書士は、開業するのが簡単な資格。昨日そんな話をしました。

もちろん、この世の中に、メリットだけがあるものなんてありません。メリットがあれば、当然デメリットもあるわけです。

ということで、今日はデメリットについてお話ししていきますね。

行政書士のデメリットは、無計画だと『食えない資格』であること。これが一番問題です。

え?行政書士で食えないの?だったら起業する意味ないじゃん!と思ったあなた。それは浅いですよ(笑)

行政書士が食えない資格といわれる理由は、今弁護士が食えないといわれているのと同じです。

それは、仕事の内容が、「単発」のものが多いからなんですね。

たとえば、行政書士として離婚の書類を書いた。そうしたらお金はいただけますが、明日からまた仕事がなくなります。

一方の税理士などは、顧問契約が基本なんで、お客さんが増えれば増えるほど、安定していく。

これを私は、『農耕民族』と『狩猟民族』と呼んでますが、行政書士は、常に狩りをしないといけない『狩猟民族』

一回でも狩に失敗すれば、即廃業のリスクがあるわけです。

これが、克服できた人だけが、行政書士として、3年目以降を乗り越えられてます。

私は、今の無理せずがこれを乗り越えるための工夫ですし、無理せずの特別講師菅原行政書士などのように、記帳代行という分野で、それを開拓する人もいます。

あるいは、特別講師の長島行政書士のように、顧問先の御用聞きとして、単発でも、定期的にもらえるようにしている。こんなやり方もあります。

とにかく自分の特技を生かして、ただの行政書士の仕事だけでなく、進化していかなければならないというのが、行政書士の大変なところですね。

これは、また後日更に詳しく話します。

あとは、仕事がたくさんありすぎて、選ぶのに苦労することですかね。仕事の選び方によっては、生活が180度変わります。

イメージしやすいところで行くと、離婚と、車庫証明では、お客さんも営業をかける人も変わりますよね。

そういう話を、今度しましょうね。


ということで、もちろんこれだけではないのですが、一番イメージしやすいところを書いてみました。

起業で成功するのは、たとえばこの本を読んでみると、

4つの条件があると書いてあります。その中の一つが、『継続性』なんですね。

その継続性が弱いというのが、行政書士最大の弱点。

ですので、それを克服することができるように、頭をフル回転していかなければならないんですね。

逆に言うと、それができれば、長続きが見えてきますし、本当に心が楽になりますよ。単発だけのころに比べて。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました