玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

募集締め切りまであと4日!『行政書士のあなたがしている間違った努力・暴走予備軍を治す勉強会』です

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

10月15日の13時から15時までの間、菅原行政書士・社会保険労務士と塾長の阿部でのコラボ勉強会を久しぶりに開催します。

募集記事やら、皆さんへのお知らせがなかなかできなかったんですが、それでもうれしいことに、お申し込みが来ていますありがとうございます。

さて、今回のテーマは、『行政書士1年目の過ごし方』

ということで、こんな7つのテーマを話すことにしました。

テーマ1  『行政書士の無理ない正しい3年間の過ごし方』

テーマ2  『行政書士1年目を振り返って、できるならやり直したい失敗談』

テーマ3  『交流会に出続けたが、結果が出なかったのは何でだったのか?』

テーマ4  『行政書士という資格に縛られた結果、どんな迷走が始まったのか?(専門の絞り方)』

テーマ5  『無知が怖い。コンサルタントの情報をうのみにして失敗した話(情報の取捨選択力)』

テーマ6  『やめた今だから言える先輩士業との関係(士業との付き合い方)』

テーマ7  『資金がなかったからこその起業方法と、お金があったからの起業方法その結果の違い』

この中で特に聞いていただきたいのが、テーマ1の3年間の過ごし方。

経営には、いわゆる大局観というのが必要です。

カンタンに言うと、大きく全体を年単位でとらえて、どうやって将来成長していくか?どうやって将来事業を拡大していくか?というおおよその見込みですね。

実は、これがないから、あなたが苦しい思いをしているんですね。

起業当初というのは、何も見えない状態。本当に何も見えないので、真っ暗闇を必死にもがいている状態になります。

そして、間違った方向にどんどん努力をする。

その経験も悪くはないのですが、間違った努力をして、苦しむことに耐えられる人がどれくらいいるかというと、やっぱり少ないと思うんですね。

特に、コンサルをしていて思うのは、この全体像が見えないから、皆さん暴走をし始めます。

そして、暴走の後は、本当に身も心も疲れ果て、気が付くと周りに誰もいなくなっているなんてことが起こりうるんですね。

そんな経営での失敗、皆さんにさせたくないんですが、あなたはしたいですか?

本質が見えれば、実はマネすることは簡単です。

一人の講師が語るだけでは、なかなか見えない問題の本質を理解することのできるコラボセミナー

今回は、2時間のミニセミナーですので、5000円という安い料金で参加できます。

これは、毎回テーマが変わるため、何度も参加してほしいという思いがあるのと、超時間セミナーではできない、もっと踏み込んだ情報を皆さんに提供したいとの思いから、手ごろな料金にしています。

そして、セミナーの後、交流会や、質問会も開催します。

実際に現場に足を運べる方は、そちらにもご参加くださいね。

ネットの方は、後日質問できるように、1カ月間無理せず起業塾のチャットルームにご招待いたします。

そちらのサポートも含まれての料金ですよ^^

さて、それでは詳細です

■無理せず開業行政書士講座 ミニセミナー

■テーマ『無理せず開業行政書士講座 20代開業組が語る後悔しない1年目の過ごし方』

■講師:菅原伸也・阿部浩明

■日時:10月15日(日)13時~15時

■対象:行政書士受験生・行政書士有資格者・行政書士開業1年目(対象外でも受講できます)

■料金:5000円(お申し込みから1週間でのお振込みをお願いします)

■支払方法:ゆうちょ銀行振り込み(受講前に必ず振り込んでください)

■キャンセル:1度お振込みいただいたお金はお返しいたしませんが、代替措置として、その時のセミナーを撮影した映像をお送りいたします。

■参加方法:

アナログ:日本橋の菅原法務事務所にて3名まで参加できます。なお、菅原法務事務所までは、私阿部と一緒に、最寄りの駅から向かいましょう。詳細は、お申し込み後お知らせします。

ネット:スカイプでの受講となります。阿部のSkypeと、皆さんのSkypeをつないで、授業の様子をお見せいたします。(会話もできます)わからない方は、教えますので安心してください。

■懇親会:当日事務所まで来て下った方は、希望者の方がいらっしゃいましたら、その後簡単に交流を兼ねて、お茶会か、懇親会を開催します。講師陣からは、阿部・菅原両氏が参加します。

その他、わかりにくいことなどがございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

どこよりも本気に、どこよりも皆さんの求める情報を。

無理せず起業塾の看板セミナーのミニセミナー。無理せず開業行政書士講座。

あなたが、行政書士の世界に不安を感じているのなら、一度参加してみてくださいね。

お申し込みはこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました