行政書士で廃業するなら、他の事業は経営できない!そういえるくらい恵まれている行政書士のメリット

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の浩明(こうめい)です。無理せず起業塾、今日もよろしくお願いします。

さて、行政書士試験の合格発表はそろそろですかね?この時期になると、行政書士さんからの問い合わせがばたばたきます。

私が行政書士をやっていたのは、26歳から33歳までの約8年間。

色んな経験をしましたが、まず絶対に胸を張っていえることは、『行政書士ほど起業が楽な職種はない』ということです。

行政書士になってから、引退して、そして今に至るまで10年経営者をさせて頂いてますが、他の事業の経営者さんを見たりサポートしたりすると、本当に大変。

特に飲食店なんか、実力がないと地獄のような惨状です。

私、コンサルで、飲食店やってくれといわれたら申し訳ないですが、私ではできませんと断ります。それくらい、経営が大変な職種なんです。

一方、今、私は3月スタートの無理せず開業行政書士講座のテキスト作りに入ってますが、はっきり言って、起業のスタートラインから行政書士はめっちゃ恵まれすぎです。

一番のメリットは、『資本金が少なくていいこと』と『運転資金が少なくていいこと』

他の経営者なら、借金してでも、数百万ためないと事業が出来ませんが、行政書士は、100万円もあれば十分すぎるくらい事業を回せます。

ということは、廃業したとしても、借金をしているわけでもないのでリスクはかなり少ないということです。

これが、工場での起業ということなら、機械投資などですでに莫大な借金があるので、もうやり直せないかもしれません。

農家もそうですよ。農業も実は大きなお金が動くので、実はスタートめちゃくちゃ大変です。

農家で法人化をしたい方の相談に乗ったこともありましたが、その金額を聞いて、開いた口がふさがりませんでしたよ。

それに比べて、高々100万程度の損害、失敗してもその程度で済むって、めちゃくちゃハードルが低いんです。

まぁ、もちろん、失敗したら、色んなマイナス面もあるので、カンタンに言うなよと思うかもしれませんが、逆に言えば行政書士で経営が出来ないなら、他の経営も無理だと思っていいくらいハードルは恵まれているということなんです。

もちろんもっと恵まれている士業もありますよ(笑)

でも、楽な部類であるのは間違えないんですね。資本金だけでなく、だって在庫リスクも、ほとんどないんですよ。

在庫を抱えたって、本とか書類くらいで、まぁ、お客さんがお金を払ってくれずに踏み倒されるというリスクの在庫はありますが、それだって、手付き金とかで工夫すれば減らせますし、本当に恵まれてます。

一点だけ恵まれてないとすれば、それは商品がピンからキリまであって、キチンと稼げる商品を選ばないと、稼げる仕組みにしないと、馬車馬の如く働いても収益が上がりにくいところ。

つまり、リスクが少ない分、工夫をして頭を使わないと、潰れないけど儲かりにくい。という側面があるということですね。

逆に言えば、工夫すれば普通に生活できるまで十分稼げるという意味でもあります。

この時期になると、本当に行政書士食えない論が出てきて、新人さんを惑わすんですが、「食えない論」に甘えて、自分が努力しない言い訳にしている人が多いです。

変わらない理由にしている人が多いです。

自分が変わらない理由を、資格に押し付けないでください。頑張っている行政書士さんがかわいそうです。

それに、どんな仕事もそうですが、仕事していくと新しい夢が見つかるので、行政書士以外に転職していく人も増えてきます。私もそうですが、そういう人が多いのは、それだけ、色んな夢を見つけることが出来るきっかけになる資格だからです。

そういういい面をキチンと捉えて、自分が成長したい方は、副業でもいいので行政書士を始めてみると言いと思います。

その代わり、はじめる以上中途半端なことをせず、全力で取り組んでください。

そうすると、経営者としての力もつき、知恵もつき、また新しい夢が見つかります。

そしてそのときに、行政書士として生きるか?次のステップに進むか?また考えればいいだけなんですよ^^

無理せず起業塾行政書士さん向けのメルマガ発行中です。まずはメルマガで勉強してくださいね。

 

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら