1日6時間も寝れない?いつまでも、ブラック行政書士経営をしているのは、精神的にもつらいんです。

こんにちは。無理せず起業塾塾長の浩明です。無理せず起業塾、今日もよろしくお願いします。

私の周りのベテラン士業が、悲鳴を上げています。

というのも、仕事が多すぎて、回らなくってパニックだそうです。阿部さん!もう一度登録してうちの事務所で働きませんか?ときかれたりしてます。冗談半分で(笑)

ごめんなさい。士業からは足を洗ったので。

ということで、実は、法律業ってブラックな経営が多いです。その理由は、経営能力の問題です。

そもそも経営者は、いかに労力を落として、どうやって売り上げを上げていくか?ここを考える必要があります。

ところが士業は、経営者としての経験が浅いので、どうしても、労力を増やして収益を上げる戦略をとってしまいがちなんです。

それでは、いつまでも経営を続けることは出来ません。

というのも、マンパワーは必ずどこかで限界が来るからなんです。人の力だけに頼っていては、なかなか経営は起動にのりません。

いや、一定ラインで成長を止めていいのであれば話は別ですが、そうじゃないのなら、キチンとどこかでそのブラック経営から抜け出すことが大事になってくるんですね。

例えば、私は、行政書士現役時代から、いかに労力を落とすか?これを考えて外注という手段を積極的に活用していました。

自分がやらなくてもいい部分。代用が利く部分を、サポートしてくれている士業にお願いして仕事をしてもらう。そんな協力関係を作っていました。

その分利益は減りますが、手厚いサポートをできるので、報酬が高くてもお客さんは満足してくださってました。

つまり、単純に仕事増やせば利益増えるでしょ?

というのをいつまでもやっていても、利益はどこかで限界が来るので、その方針を変えなければならない。

そして、それは限界がくるよりも前に早めに手を打たないと、限界がきてからでは、変えることができないんですね。

そして、ブラック状態が永遠に続く行政書士事務所になってしまいます。

実はそういう事務所さん多いんですよ。

そして、最悪それを脱却するために、仕事の手を抜くなんてことをしてしまったら、そこからは崩壊の始まりです。

その前に、自分達の労力が少なくても利益を上げられるそういう仕組みを積極的に作る。これが大事になります。

そして何度も言いますが、これは、早め早めに、手を打っていく必要があるんですね。

みなさん、今お客さんがきてるからいいや!!!ではなく、キチンと早めに対策をとるようにしてくださいね。

自分達の場合は、どうやって労働力を下げて成長すればいいんだろう?そんなことで悩まれている方は、無理せずに声をかけてくださいね

 

無理せず起業塾の主な商品はこちら
無理せず起業塾への入塾相談はこちら
その他のお知らせは、現在準備中です!
無理せず起業塾のメルマガ&YouTube
一番のおすすめメルマガはこちら!!(現在リニューアル中)
3年間事業を維持できる法律業養成講座メルマガで、食べれる士業になろう
きちんと稼いで感謝される経営者になる!無理せず集客メルマガ7日間講座
無料で学べるYouTubeチャンネル!!『無理せず起業塾』