行政書士として開業したけれども・・・初めての仕事、やったことない仕事について、それを正直にお客さんに伝えるべきですか?

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の浩明です。無理せず起業塾今日もよろしくお願いします。

さて、度々出てくるこの質問。あとで、YouTubeの動画でも話す予定ですが、先にブログでもこの問題に触れておきたいなと思います^^

ということで、行政書士OBの私の考えとして、さらっと参考に聞いてくださいね。

初めてのお仕事が来たときに、いままで、「私初めてなんですけど」とお客さんにいったら、電話を切られてしまいました

またある時には、

私新人なんですが、頑張りますといったら、仕事を断られてしまった

なんて相談をいただきました。

これなんですが、厳しいことをいうと、「誠実」と「責任逃れ」を勘違いした発言なんで、ここでしっかりと肝に銘じてください!!

まず、お客さんは、あなたをプロとして信頼して仕事を任せてくれようとしています。

そこで、『私は新人です』と答えるのは、お客さんに、『新人だからミスしても、不手際があっても、許してね』という思惑が隠れていることになります。

要するに、自分の力のなさを、お客さんに言い訳して、自分を守っていることになってしまうんです。

だから、それをやってはいけません。

それをいうときは、仕事を断るときのみです。

つまり、仕事を断わる気がないのであれば、そのような発言はせず、プロとして、頑張るしかないんです。覚悟を決めてね。

最近、こういう言い訳をする人がちらほらいますが、絶対にプロとしてはダメなこと。

だって、塾業界だって、『私新人の先生なんで、ミスしても許してね』なんて、絶対に許されませんよ?

法律業界だって、どの業界だって、仕事としてやる以上は、プロでなければいけません。

その覚悟を持って、キチンとやりきります!と、胸を張っていえるくらいになってくださいね。

ちなみに、お客さんに聞かれてしまったときは、嘘をつくわけにはいかないので、仕方ないんですがね。

そもそも、行政書士にとって、初めての業務は山ほどあります。

8年やってましたが、やったことない業務は沢山私もありましたし、私の同期の仲間たちも、10年目を迎えますが、それでも得意不得意、未経験はあります。

そう。いつまでたってもやった事のない業務はなくならないんです。

それを、毎回、やったことないんです。と、お客さんに責任を擦り付ける発言をしていては、話にならないわけです。

プロである以上、自分で覚悟を持って、返事は『やるか?やらないか?』の二択しかありません。

あなたは、自分に甘えていたらダメなんです!現場に出た瞬間から、あなたはプロです。新人だからという甘えを今すぐ捨てて、仕事に取り組んでくださいね。

無理せず起業塾では、私以外の現役の行政書士らが皆さんの悩みに乗ってくれますよ!信頼で来る先輩のサポートを受けたい方は、こちらを見てくださいね

 

無理せず起業塾の主な商品はこちら
無理せず起業塾への入塾相談はこちら
その他のお知らせは、現在準備中です!
無理せず起業塾のメルマガ&YouTube
一番のおすすめメルマガはこちら!!(現在リニューアル中)
3年間事業を維持できる法律業養成講座メルマガで、食べれる士業になろう
きちんと稼いで感謝される経営者になる!無理せず集客メルマガ7日間講座
無料で学べるYouTubeチャンネル!!『無理せず起業塾』