玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

先生禁止令!無理せず起業塾が、生徒さんを伸ばすために先生と呼ぶのを原則禁止している理由

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

先日、とある方の投稿で、『先生と呼ばなかったら相手の士業が不機嫌になった』という趣旨の内容の投稿を目にしました。

これ実は昔からある問題で、私は、Twitter にもこんな風に書いてますが、


先生という肩書きや呼称に執着するのは、はっきり言うと、自分に自信がなく、資格がなければ、自分の価値を表現できない人に多い傾向があります。

事実、経営がうまく行っている事務所さんは、あまり、肩書きを前面に出さずに、自分自身を前面に出すことをしようとします。

ですので、先鋭という呼び名にこだわる人とは、私は距離をとるようにしています。

あまり信用できないと私は個人的に、もうし分けないですが判断しているからですね。

ということで、話は戻していきましょう。ところで無理せず起業塾は、創設当初から、私や講師陣を先生と呼ばずに、「さんづけ」で呼んでもらうようにしていました。

今でもそれは続いていて、講師陣も生徒さんも、大半は、私のことを、阿部さんと呼んでくれています。

中にはなかなか慣れずに、阿部先生と呼ばれている方もいますが、強制するほどのことではないので、気持ちの中で、「さん付けレベル」で認識してもらえれば、OKなんですね。

というのも、実は、これには理由があるんです。

コンサルをやる以上、一番大事なのは、生徒さんが、自分の情報をいかに隠さずに話してくれるようになるか?ここがすごく大事なんです。

そのためには、真面目な相談だけでなく、些細な相談や、些細な雑談の繰り返しで、心の緊張感を解きほぐす必要があります。

私はその一環として、なるべく、先生と生徒ではなく、近くにいるちょっと頼れる先輩の位置づけを目指しています。

そうすることで、ちょっとした相談や、些細な愚痴などもこぼせるようになって欲しい。そうすることで、皆さんの本音や、潜在的に隠している問題点が見つかるんですね。

特に、私たちは、メンタルケアーもしているので、そのあたりは、キチンと見抜かなければなりません。

そのためには、信頼関係や、近い距離感が大事なんですね。

とはいえ、お友達感覚になると、今度は緊張感がなくなるので、それはダメなんです。成長を止めちゃうので。

ということで、その間のちょうどいいバランスが、私は、『さんづけ』だと思っています。

だから私は、あえて、「様」も「先生」も使いません。

これは、生徒さんとの距離を必要以上に遠くしないための工夫。だからこそ、お互いが対等な、さん付けで、敬意を払いあう関係にしているんですね。

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました