玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

誹謗中傷と戦わない!阿部さんにクレームを入れている行政書士こそ、阿部さんの講座に参加すべき なんじゃないかななんて思いました。

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、昔の話ですが、起業塾なんかをやっていると、同業者、特に行政書士からの妬みや誹謗中傷はひどいものでした。

無理せずは、ひよこ狩りではないきちんとプライドを持ってやっているんですが、だいたい批判する人は、自分の価値観でしかものを見ない方が多いのでそういうところを見ないで、セミナーをやっている=詐欺師みたいな目で見てきます。

いや、うちは新人だけではなく結構ベテランの先生が参加して、誉めてくれるくらいの内容なんですが。と、私は言いたいところですが、そんなことを言っても話は通じなかったりします。

せめて、授業に参加してから批判してほしいものですがね。

おまけに最終的には、行政書士会にまでクレームを出す始末ですから困ったものです。

さて、そんな状況でも、自分が間違っていない。きちんと信念を貫いて進んでいるのであれば、そこはへこたれたり、負けてしまったらだめだと思っています。

人と違うことをやる。

なにかを変えていくというのはそれだけの抵抗勢力が出てくるということ。

それは起業したら覚悟をしなければならないことなんです。みんなで仲良くワイワイという生き方も当然できますが、戦わなければいけないときというのは残念ながらあるものです。

その覚悟がある人に、なにかをして押さえつけようとしても、そういう人は一時的に抑えられても、必ずまた前に進みだします。

それは覚悟が違うんですから、当然だと私は思います。

そういう人を、無理やり自分の価値観で抑えようとするとどうなるか?気が付いたら、抑えようとしていた側が不幸になっているなんてこともあるわけです。

だから、私は、皆さんにも『人の批判』なんかに時間を割かないでほしいと思っています。

人は人。あなたはあなたです。

そして、あなたの夢を妨げる人がいてもそれの相手をすることが果たして得策なのか?これは常に考えないといけません。

どうしても戦わなければならないときは、戦う必要がありますが、自分がちょっとだけ方向転換することで、その人の悪意を空振りさせられるなら、そういうのもとるべき戦略の一つです。

戦わないで勝つ。

孫子の兵法にもありますが、『百戦百勝は、善の善なる者に非るなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり』つまりは、戦わずに勝つことが一番いいんです。

そして、現代において勝つとは何か?相手をぎゃふんといわせることではなく、自分の目標や夢を追える状況にすることです。

要するに、そういうところで感情的に戦っても仕方ないわけです。

私も誹謗中傷されれば、当然腹も立ちますし、悲しくもなります。でも、それに応じてしまったら、戦いを起こさねばなりません。

であれば、他の方法を考え、その人たちが攻撃を加えることのできないくらいのステージに行ってしまう。

そうすればその人たちは、もう誹謗中傷することはできなくなります。

そのために、どんな策をとるか?そういう判断をしていくことも経営者には大事な判断だと私は思っているんですね。

だから、こういう相談にもコンサルでは乗っていたりします。

そんな話をしていたら、メルマガの読者さんからこんなメッセージが届きました。

色々あっても御元気そうでなによりです。

メルマガを読んでいて阿部さんの誹謗中傷した人こそ阿部さんの講座に参加すべきなんじゃないかななんて思いました。(メルマガ読者さん男性)

ありがとうございます。

自分がきちんと信念を貫いていけば、こうやって支持してくれる人応援してくれる人というのは必ず現れます。

もちろん先ほど話したように、喧嘩をするのが私は正解とは思っていません。

相手の攻撃をかわす。そういう戦術を建てて、本来の自分の目標は必ず達成する。そういういい意味でのズルさというのを皆さんも身に着けてほしいなと思ってます。

そういうの苦手だな~。という方は、無理せずに相談してください。場数を踏んできた私が一緒に考えますよ(笑)

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました