玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

先輩士業の事務所で、ただ働き!そんな状況が疑問ながら、ずーと続くところでした

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

一人で起業するということは、無知な状態ということになります。そして、無知な状態ということは、ベテラン勢に上手に利用されてしまう可能性があるということでもあります。

とくに、新人時代に引っ掛かりやすいのは、営業さんの上手なトーク。

これに引っ掛かって、ついつい、数百万円の契約を結んでしまったなんてことも珍しくありません。

いや、最初から、数百万を提示されれば皆さん警戒するんですが、継続契約で、トータルで100万円を超える契約なんかは、結構うっかり契約している人珍しくありません。

そんな中、実際に、無理せずの生徒さんからいただいた相談で、私が驚いた事例です。

実はうちに入塾する前に先輩の士業の事務所さんで、ノウハウを教えてあげるからという親切な提案をいただいたそうです。

ところが実際に手伝いに行ってみると、雑用ばかりで、士業のノウハウは全く経験させてもらえない…。しかも、報酬はもらえない。それが原因で、自分の事務所の仕事ができない。

そんな相談をいただいたんですね。

わたし、聞いた瞬間に、頭を抱えてしまいました。

どちらの気持ちもわかります。先輩士業の先生は、おそらく本当に、好意で提案をしてくれたんだと思います。

ですが、赤の他人の同業者に自分の手の内を見せきることも、自分の大事なお客さんを任せることもやはり不安だったんだと思います。

生徒さんも、先輩から情報をどんどん奪って、自分の事業に生かそうとしたのでしょうから、この辺りは仕方ないことではあります。

でも、こうなることを、想定していなかったというところが、新人さんならではです。

どんなにいい人でも、自分の事業を犠牲にしてまで、周りの人を助けてはくれないのです。

商売をやる以上は、常に等価交換を意識しなければならないんですね。先輩士業から奪うだけなんて都合のいいことはできないんですね。

ところで、この話の一番の問題点は、「自分の事業の損害」になっていること。

これが、自分の事業のプラスになっているのであれば、多少損をすることは問題ないと思いますが、自分の損害にしかなっていないことなら話は別です。

そういう状況になったら、即時に手を引くというのが大事な経営者としての決断です。

ですが、実際のところ、新人時代は、いろんな余計なことを考えます。

  • ここで好意を断って先輩に悪いイメージを持たれたらどうしよう
  • 仕事がなくなるんじゃないかな?

なんて不安がよぎったりもします。

だからこそ、自分で決断ができなくなるんですね。

そういう時に、おかしいですよ。そのままじゃよくないですよ。そういうアドバイスをくれる人がいるかどうかは、結構大事なんです。

ということで、この生徒さんは、ここの先輩の下で働くのをやめることにしました。

正しい決断というのは、案外本人一人で下すのは難しいことでもあります。

そういう風な小さな損害が、大きく響くこともあります。私たちが、雑談でもいいので、こまめに近況を教えてくださいね。と、生徒さんに伝えるのは、これが理由なんです。

ということで、皆さんもおかしいなと思ったら、すぐに誰かに相談しましょうね。

信頼できる相談相手がいないな~。という方は、無理せずにいらしてくださいね。

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

 

タイトルとURLをコピーしました