玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

顧問先が増える士業は、こういう風に依頼者さんと向き合ってる!お客さんに正規料金より高い料金を提示されたとき

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

教育業をやっていて、一番うれしいのは、生徒さんの活躍を自慢するときです(笑)

自分が出来るのは、そんなにうれしくないのですが、やはり、生徒さんが、何かしらの成果を出してくださっていることは、すごくうれしいことです。

さて、そんな生徒さんと先日こんなお話をしました。

『依頼者の方が、私が想定している料金より高いお金を提示してくるんですよ。ビックリしちゃって(生徒さん)』

なるほど、そういうケースあまり聞かないんですが、私も、「安いですね」といわれたことならあります。

さて、こういうとき、皆さんはどう対応するでしょうか?

お客さんはあなたの価値を、あなたが提示している以上に高いものと評価してくださっています。

それに対し、あなたはどういう風に対応するかです。

どうしても、経営者だと欲が出ますよね。だから、提示してくれたお金で、取引したいなと思うのが、普通だと思うんです。

ところが、その生徒さんは

『でも、私は、キチンと自分の料金を提示します。というのも、HPや、他のものにも料金は書いてありますし、それをあとで見られて信頼をおとす方がよっぽど怖いですから(生徒さん)』

これを聞いたときに、周りの先輩士業が、この人は信頼できる。という表情をしたのを、私は、見逃しませんでした(笑)

信頼を最優先に考える。

これって、カンタンに出来そうで、実は出来ないことが多いんです。

その出来ないことをやっている。そして、それをキチンと伝えることで、生徒さんは、新たな人たちからの信頼をつかむことが出来ました。

信頼というのは、意識して作るものですが、計算だけで作れるものではないんです。

その生徒さんは、心から、『お客さんたちを幸せにしたい』と願っています。

その一方で、『必ず自分も利益にする』という、一件矛盾してそうな意思をキチンと持ち合わせることが出来ているんですね。

これが大きなポイント。

信頼というのは、ネット上とか、お客さんの前だけではなく、その人の人生の生き方すべてがにじみ出て伝わるものです。

だからこそ、目先の利益ではなく、長い先の利益を追って高い報酬を断り、正規料金を提示した生徒さん。

さて、皆さんは、こういう小さな信頼の積み重ね、キチンと出来てますか?

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

 

タイトルとURLをコピーしました