玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

行政書士事務所の名前は、シンプルにした方がいい理由

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

行政書士事務所を作るときに、事務所の名前をどうしようか?結構悩む方もいるみたいですね。

さて、行政書士事務所の名前を付けるときに気をつけなければならないのは、行政書士という名前をいれるというルール。

○○行政書士事務所

というのが基本の形になるんですね。

ただ、いろいろとこだわりたいという人もいますよね。

例えば、

  • 英語での名前
  • 複雑なカタガナの名前
  • 自分で作ったオリジナルの名前

こういう事務所の名前を付ける人もいます。

ところで、事務所の名前って、どんな役割があるのかを考えないとダメです。

事務所の名前は、あなたの名前の変わりに、あなたの仕事の顔になるものです。

つまり、覚えやすいものである必要があります。

が、行政書士事務所の場合、事務所名ではなく、お客さんは、行政書士本人の名前で、私たちを覚えてくれます。

つまり、私達の名前で、ネット検索をするので、実は、自分の名前を入れておいたシンプルなものの方が、検索してもらいやすいという特徴があるんですね。

ちなみに、法務事務所という名称も、メリットデメリットがあります。

法律を扱うので、法務という言葉を使うのですが、音の響きとしては、『ほーむ」といわれても、ほとんどの人はピンと来ません。

そうやって考えると、効果は薄いかなと思うんです。

ポイントとしては、とにかく分かりやすくシンプルにして、覚えてもらいやすくする。それを心がけていればいいのかなと思います。

ただ、最後になりますが、最初に言ったとおり、ほとんどのお客さんは、あなたの名前を覚えて、事務所名は覚えてくれませんので(笑)好きな名前でいいんですけどね。

ということで、参考にしてみてくださいね。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました