玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

行政書士の各業務の雛形のセットが販売されていますが、開業するときに購入しておいた方が良いのでしょうか?

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

行政書士向けの開業講座というと、『実務講座』というものがメインです。

この『実務講座』ですが、その多くは、書式のつくり方をただ教えるだけのものだったりするのが現状です。

我々も、『実務講座』をやるときがありますが、私たちは、実際に一緒に働いて、経験してもらうスタイルなどを採用しているため、実践力はつくのですが、我々が、そんなにたくさんやるだけの余力がありません。

もっと言ってしまうと、そこまで踏み込んで育ててくれる実務講座をやっていると、本業の行政書士の仕事が出来ないくらい本気にならないと無理です。

だったら、やはりどこかで、線引きをするしかないというのが、『実務講座をやっている側の本音』だと思っています。

となると、そういう実務講座で、書類の書き方をただ学ぶだけでは、実践ではあまり役に立たないということになります。

あ、開業して、3年以上たった人には、実務講座はお勧めなんですよ!実はね。

ということで、実務講座とはちょっと違いますが、こんな質問をいただきました。

いつも楽しくメルマガを読ませて頂いております。質問募集とのことで、私も気になることを質問させて頂きたいとおもいます。

よく、各業務の雛形のセットが販売されていますが、開業するときに購入しておいた方が良いのでしょうか?自分が専門にしたい業務について、役所に問い合わせたり、自分で調べて書類をイチから作成した方がいいのか?

それとも、どんな依頼が来ても必要な書類の様式がわかるように、全部入りの雛形集を購入しておいた方がいいのか?

金額も決して安いものではないですし、開業される方々はどうされているのか知りたいです。

書式ですが、私は、買ってもいいものもあると思っています。

というのも、私は最初買ったからです。そのおかげで助かった部分も確かにあります。

ですが、書式ですが、専門書を買うと書いてありますし、市役所などを回っても書式はあります。

それに、時間を掛けてもいいのであれば、ネットを検索しても、いろいろな書式の情報が出てきます。

それらを集約して、書類を作るというのもありなんですね。

正直なことを言うと、将来的なことを考えると、最初は書式を買わずに、自力で作る練習をした方がいいです。

というのも、書類を作るコツや、ポイントが分かってくるようになるから。

それが分かるようになって、忙しくなった頃に、書式が必要なら買うというのが、私はいいと思うんですがね

ただ、安心材料にはなるので、買うことを止めはしませんよ。

無理せず開業行政書士講座はこちらから

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました