玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

あなたの思いが強ければ強いほど、商品の方向性が間違ってしまう人が多い行政書士や資格業

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

商品作りというのは本当に難しい。

特に、弁護士、行政書士のように、仕事の範囲が広すぎる資格は、本当に大変です。

ファイナンシャルプランナーなんかも、私が聞いていると、大変そうに感じますね。

一方、税理士さんみたいに、『ザ!税金』と決まっていると、ここで頭を抱えずに済むので、楽なんですがね~。

さて、今回は、他の業界の話をもとに、商品の思い入れが強い人が、なぜなかなか成果が出ないか?ということをお話ししますね。

実は、『商品への熱い思い』というのは大事なんです。

それがあるから、人は惹かれて動き出してくれるわけなんですが、問題は、『惹かれる理由の勘違い』にあります。

人が惹かれるのは、ものにではなく、その物の後ろにある人や、自分の体験に価値があると感じるわけです。

たとえば、飲食店に行くのでも、誰と行くかで、値段が違うお店を無意識に選んでますよね?

よく聞く笑い話では、『初めてのデートで、女の子を牛丼屋さんに連れて行ったら怒られた』なんていうのがそれで、これは、おなかを満たすという商品にだけ、目線が行ってしまった結果起こるトラブル。

女性が怒ったのは、おなかを満たすためという目先の利益ではなく、その相手との時間をどのように過ごしたいか?というその時間への価値に、重きを置いているから。

牛丼屋さんに行ったのは、目先のものばっかり見ているから、そういう行動になるわけです。

そして、商売をしている人のものが売れない理由の一つは、ここに原因があります。

『いい商品、こだわりの商品なら売れる』そんなのはもうとっくの昔の話。

たとえば、よく学習塾などで、『私たちの塾は、こんなことにこだわって、こういう教育を掲げて……』なんて話をしている人多いです。

あれも大事ですが、でも、そんな難しい教育理念を追い求めているよりも、お客さんに伝えるべきは、『ほら、子供たちがこんなに楽しそうに、勉強しているでしょ?』『だから、こんなに成績上がってるんですよ』という利益。

それがあって、はじめて、自分たちのこだわりを聞いてもらえるんです。

だから、行政書士などの、資格業もこれはおんなじです。

『こんなにいいサービスと、能力ですからうちを選んでね!』というのは独りよがり。

確かに実力差はある業界ですが、一応は、全員資格を取ったプロです。最低限の力はあるはずです。

そことの違いを、お客さんに理解しろと言っても難しいんですね。

だから、『お客さんがこんな風になりますよ』ということを伝えてあげる。これが大事。

ということで、『商品への思い』というのは、正しくは、『この商品を使って、あなたのどんな幸せになってもらいたいか』という思いが大事なのですね。

間違っても、『商品が素晴らしければいいだろ』みたいなこだわりになってしまってはダメなんですね~。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました