玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

お客さんともめないようにしよう!100万円請求しても感謝されるちょっとした工夫(序)

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

同じ値段を払っていても、お金が高いな~。と感じるときと、いい買い物だったな~というときってありませんか?

それって、自分の期待よりお店のサービスが上回っているか?それとも下回っていたかによって、変わるんです。

例えば、こんな本があります。

無理せずの課題図書のひとつにしたい本ですが、この考え方をキチンと身につけないといけないんですね。

この本に書いてあるんですが、100円のコーラを1,000円で売っていたらあなたはどう思いますか?

普通の人は、高いぞ!

そう感じて、買わないのは、1,000円の期待を100円コーラでは、満たせないからです。

ところで、これを1,000円で売る方法ですが、ホテルで売ったらいいだけです。

ホテルで、店員さんが、上品にコップに注いでくれる。

それだけで、実は、価値が急激に上がって、高くてもクレームが来なくなります。

これは、100円のコーラに、サービスや雰囲気といった900円以上の価値が加わったので、1,000円でも不満がなく、満足できるわけです。

1,000円は極端でも、居酒屋さんとかで、350円くらいで売っていても、皆さんクレーム出しませんよね?あれは、居酒屋というサービスが上乗せされているので、不満がないわけです。

ということは、我々も、プラスの価値をキチンと作れば、商品の値段を上げることが出来るんですね。

その上で、お客さんが、それでも大丈夫だといってくれるくらいの信頼があれば、お金はキチンと払ってくれます。

私も塾講師時代に、地域で一番高い授業料の塾にいましたが、その分キチンと丁寧にサポートをしていたので、不満を言われることは少なかったです。

逆に、安い塾の方が、クレームが多かったんですね。

ということで、値段でクレームが出るよりも、あなたのサービスが期待値を下回ることで、クレームというのは出るんですね。

ですので、まずは、相手の人が何を望んでいるのか?

これをキチンと考えて、それを上回るサービスが出来るように、ちょっとしたサービスを提供すると、高くても喜んでもらえますよ。

具体例は、今度別の記事で話しますね。

こんな話が聞ける行政書士講座は、こちらから

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました