玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

看板の役割やお金のかけ具合についてマスターしよう!初めての起業家さんが集客・経営で悩む100のポイント

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

それでは、無理せず起業塾が、過去にメルマガ読者さんや生徒さんたちに頂いた、質問をもとに、皆さんに情報をお届けする100の質問。

これを今日から公開していきますね。

ちなみに、無理せずでは、本当にこのような初歩の質問から、皆さんにアドバイスさせていただいてますよ。

Q1、看板って重要ですか?

さて、それではいきます。

看板に関してですが、実際のところ重要かどうかは、職種によって変わってきます。

たとえば、事務所や、会社などに来てもらう必要のない職種。要するに、こちら側がお客さんのところまで出向くスタイルの場合は、看板は必要ありません。

といっても、多少はないと信頼されないので、小さなちょこっとした看板でOKなわけですね。

一方、自分のところに来てもらう場合、たとえば、飲食店のような場合は、ある程度目立つ看板を付けた方がいいです。

そうしないとお客さんが迷子になってしまうので!

Q2、看板は、どんなものを使うのがおすすめですか?

さて、看板ですが、私がおすすめしているのは、このスタイルの看板です。

黒板型の看板ですね。これを営業している時間帯に、自分のお店の前に出しておくといいんですね。

たとえばですね。お客さんがなぜあなたのお店に来ないのか?という質問をしたときに、一番の理由って、『あなたのことを知らないから』なんですね。

だから知ってもらおうと看板を出すんですが、看板に、会社名だけ書いていても何も伝わりませんよね?

誰が、どんなポリシーで、どんなことをしてくれるのか?これが看板から伝わるのが大事なんです。

そんな時に私がおすすめしているのが、アナログブログ。

看板に、一言ブログを書くようにするんですね。

人は、商品ではなく、人に興味を持つものです。あなたがどんな人間で、どんな生き方をしているのか?それを伝えていくことで、あなたの信頼はまし、あなたを支持してくれる人。つまりお客さんが増えます。

同じ看板を設置するなら、こういう風な人を見せることのできる看板がいいですよね。

SNSでも結構拡散されること多いんですよ(笑)

Q3、看板にどれくらいお金をかければいいですか?

これなんですが、費用対効果ということを常に考えてください。

費用対効果というのは、そのお金をかけた分、その労力をかけた分、どれくらい収益が上がるのかです。

たとえば、その看板を置くことで、100万円単位で年間売り上げが上がるなら、10万円くらいかけても問題ありません。

あと同時に、看板は劣化するハコものですので、維持管理費も毎年計算をしてください。

その上で、看板を見てどれくらいの人が集まってくるかですね。

私の場合は、ネット中心での活動ですので、看板は正直不要です。ですので、最初は、100円均一。そして、ある程度ゆとりができたタイミングで、1000円程度の板を買ってきて、看板を作りました。

それくらいでも、最初は十分だと思いますよ!

ということで、今日はここまでです。

看板のこと少しは、イメージつきましたでしょうか?

私は、あなたの起業の悩み、経営の悩みを2人3脚で解決するコンサルタントです。

あなた一人で悩まずに、悩んだり不安でしたら、私に声をかけてくださいね。

5月限定で、無料入塾相談実施中です

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました