玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

無理せず起業塾の2018年度版の名刺が出来上がりましたよ!

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

無理せず起業塾は、2018年度から、『利益0から年収500万円を達成するための起業塾』というのを一つのテーマに、新人起業家さんたちをドンドン育てていこうと思っています。

あ、4月1日から5千円での特別相談会開催します!起業で困ったことがある方はこの機会にどうぞ!!

さて、方向性が決まったら、まずは、HPや、名刺の作り直しが最優先です。

ということで、今日は新名刺を公開します。

1、名刺の大事なポイントは、自分の使命をきちんと伝えること

さてさて、名刺は、集客の中では、出会いの場のツールになります。

この出会いの場で、信頼できるかもしれない…。そう思ってくださった方が、はじめてその後のステップに来てくださるんですよね。

だから、まずは信頼してもらえるそこに注目すべきです。

それでは、無理せずの2018年度の名刺です。今年度も2つ折り名刺でいきますよ!

ということで、表面と裏面の公開ですね。

今回からニックネームから『お坊さん』とか『元行政書士』は消えてます。

というのも、集客専門であれば、必要ないからですね^^経歴として、裏面のプロフィールには残っていますが、必要のない情報は、消してしまうという決断も大事ですね。

そして、ズバッと『利益0から年収500万円を目指す!!』という、今年の無理せずの皆さんに達成してほしい目標を明記しておきました。

もちろん無理せずの売り上げの話ではありません(笑)

こうやって、余計な情報は消して、お客さんに伝えたい情報だけをドンドン提示していく。

こうしないと、名刺の狭いスペースの中では、自分のことを伝えきれません。

さらに、人間は、名刺を見てから1秒以内で、この人私に関係ある人かない人か?それを判断してしまいます。

その時間を0.3秒なんて言う人がいるくらいですから、その瞬時に、自分の価値を伝えないとだめなわけです。

そうなると私にとって大事なのは、さっきの『私は、あなたの売り上げを0から500万円にまで伸ばしますよ』というメッセージと、『あなたの夢をかなえるために必要な基礎力を付けてもらいますよ』というメッセージが大事なんで、目立つようになってますね。

この部分が、いわゆる使命になるんですね。

あとは、顔写真を載せて、私を忘れないようにしてもらう工夫だけすればOKというわけです。

2、裏面は共感ポイントや自分の価値を書いて親近感を持ってもらう

裏面は私個人の自己紹介ページです。

一番最初は、どうしても会社のアピールが必要ですが、名刺というのは、会社のものでもありつつの個人のものでもあります。

つまり、自分に興味を持ってもらえないと、商品は買ってもらえない時代ですので、きちんと自分のことを書いて、親しみを持ってもらうことが大事ですね。

ここで、私がよく、『共感ポイント』という話をしますが、『相手の人に共感するところ』があると人間親近感を覚えます。

たとえば、同じ高校出身とか、同じ年齢とかですね。

だから、年齢や、出身地、学校や、部活動など、みんなが興味を持ちそうな情報をピックアップして書いてます。

私の場合、大学を書かなかったのは、大学は二松学舎大学なんですが、ここは、国語の先生が多い学校なんで、マニアックで東京以外の人余り知らないんですね。

私みたいに、いろんな地域に行く人は、ちょっと書いてあっても反応が薄いので、その代りに、『10年野球やってました』という風に書いてます。

あとは、ネットでよかったらつながってくださいというアピールを軽く書いてあります。

3内側の面の左側は、自分の思いを書くスペース

さて、あまり私に興味がない人だと、この表と裏だけで話が終わってしまうんですが、そこで興味を持ってくださると、後日などでも、中の面を見てもらえます。

中の面は、自分の仕事への思い。そして、仕事自体の紹介を書く部分ですね。

左側が、私がなぜ無理せずを運営しているのか?

それについて書いてあるのが私のこの仕事に向けた思いです。

私の最終的に目指している『1人1人が自分の力で生きていける』『自分で自分の人生を選択し実現できる世の中』を達成するために活動しているんだということが書いてあります。

自分語りのような部分になりますが、私自身に興味を持ってくださった方は、ここを読んで、より私に興味を持ってくださる方が多いです。

それでは、最後のページですね。

4、最後のページは、自分の商品紹介

さて、ここまでは、私自身の紹介しかしてません。

そこで最後に、私のお仕事の紹介が必要ですよね?

どんなに仲良くなっても、あの人何する人なんだろうで終わってしまったら、ダメなわけです。

ただ、ここでくどくど商品紹介を書きすぎても、気分が悪いというか、読みにくいので、サラっと読み流せる程度のものを書きましょう。

今回から、私新チャレンジとして、『名刺を持っている方限定で、初回コンサルの割引』を書いてみました。名刺兼割引券です。

こうすることで、名刺を捨てずにとっておいてもらえる率が上がりますよね。

こういう捨てられない工夫や、思い出してもらう工夫も大事なんです。

5、名刺は何度も作り直そう

さて、最後になりましたが、名刺はあなたの代わりに自己紹介をしてくれる大事な存在です。

そして、その存在は、お客さんとあなたを確実につないでくれます。

人と人との輪を作るためのツールが、名刺なんですね。

単純に形式だけの名刺交換なんて、もったいないです。

きちんと育て上げて、あなたと始めた合うあの人の運命をつないでもらいましょうね。

無理せず起業塾名刺講座開催中です。名刺をとりあえず作りたいという方は、この講座を受講してくださいね。

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました