玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

経営者はTwitterでブロックをしてはいけないのか?

こんにちは。玄徳庵の阿部です。

今日も玄徳庵に寄せられた質問などに答えていきますよ~。これくらいの情報の時は、noteではなく普通にこっちのワードプレスに書いていこうと思いますよ。

では、今日も塾長と玄ちゃんとの会話です。

こうめい
こうめい

Twitterって、本当にカオスな状況になりやすいよね。

玄ちゃん
玄ちゃん

ん?どうしたんですか?

こうめい
こうめい

最近Twitterに関するトラブル相談が増えてきてて……

やっぱね。価値観の違いって怖いんですよね。

玄ちゃん
玄ちゃん

価値観の違いですか。

こうめい
こうめい

たとえば、私が、『行政書士』という仕事は、いろんな仕事の入り口になるから、ぜひ、他の仕事も併せてやってみたらいいと思うといったとします。

玄ちゃん
玄ちゃん

お客さんは、行政書士に依頼してるんじゃなくて、自分の悩みを解決してくれる人に仕事を頼んでるんですから、自分が行政書士以外のことで、法律に禁止されていないことはやってあげればいい。というのが持論でしたよね。

こうめい
こうめい

そうね。行政書士として、相談にのっているおうちの、インターネットがつながらなくなったとか、ふすまが破けたとか、助けてあげられるなら助けてあげればいいじゃん。…と、思うわけですね。

玄ちゃん
玄ちゃん

それが、何か問題になるんですか?

こうめい
こうめい

ここで現れてくるのは、『権威主義者』たちで、『行政書士』という資格はすばらしいものだから、他の仕事もすればいいなんて『行政書士の権威を落とすこと言うな』と攻撃してきます。

玄ちゃん
玄ちゃん

行政書士のこと馬鹿にしてないのに、なんかズレてますね。

こうめい
こうめい

はい。でも、残念ながら、それに気が付けずに、相手をぎゃふんといわせてやろうということだけを必死に考えるようになる人が、ブログなどよりも、どうしてもツイッタに多い気がするんです。

玄ちゃん
玄ちゃん

それってなんでですかね?

こうめい
こうめい

恐らく原因は二つ。

1つは、メッセージが送りやすいので反射的に感情を出してしまう。

これは、『7つの習慣』などでも、一番最初の方にダメだよって書かれているくらい大事なんですが。Twitterは多いですね

玄ちゃん
玄ちゃん

反射的にというのは、わからなくもないですよね。

こうめい
こうめい

私は、Twitterこそ、ブログやYouTubeよりも、考えてメッセージを送るべきだって思ってますよ。短い言葉は勘違いされやすいので。

玄ちゃん
玄ちゃん

でも、実際は逆ですよね。

こうめい
こうめい

残念ながら、逆ですね。そうなると、感情と感情の戦い。つまり、戦争勃発です。

玄ちゃん
玄ちゃん

言葉って怖いですね。

こうめい
こうめい

2つ目は、Twitterの文化なんだと思いますが、そういう悪口や悪意を向けても、許されるとする風潮がいまだに残ってますね。

玄ちゃん
玄ちゃん

こうめいさん。アメブロからTwitterに移籍したときに、結構言ってましたね。

こうめい
こうめい

善意・協力のアメブロと悪意・否定のTwitterといった感じでしたね。

今はだいぶ良くなってきてると思いますが、それでも、その風潮は他のツールより強いです。

玄ちゃん
玄ちゃん

そうなると、善意の人に向けて話した言葉を、裏読みされるということですかね。

こうめい
こうめい

日常会話では、表情や、もっと長い文面などで繊細な感覚を伝えられるんですが、Twitterはそれができないので、言葉へのフォローもできず、裏読みされやすくもありますね。

こうめい
こうめい

今日は雨でよかった!!!

とつぶやいたら、遠足や運動会を楽しみにしていた人に怒られるかもしれませんし、部活が休みになって喜んでる人には賛同してもらえますよね。

玄ちゃん
玄ちゃん

受け取りての環境によっても変わるということですね。

そこまで推測できませんよね。

こうめい
こうめい

だから、はっきり言っておくと、価値観があまりにも違う人とは、『ブロック』や『ミュート』の機能を臆さずに使った方がいいです。

玄ちゃん
玄ちゃん

ミュートはともかく、ブロックって罪悪感ありません?

こうめい
こうめい

たとえば、日常、『あ、この人と関わるとトラブルに巻き込まれそう』と思った人に、自分から近づいていきますか?

玄ちゃん
玄ちゃん

いや、どちらかというと関わらないようにします。

こうめい
こうめい

ネット上で関わらないようにするためには、お互いを接触させないことが大事です。つまり、相手の目に留まらなければいいので、ブロックすることで、お互いが不幸になるのを避けられます。

玄ちゃん
玄ちゃん

そういう考え方もあるか…

こうめい
こうめい

ブロックする人は、自分に都合の悪い話は…うんぬんかんぬんっていう人いますが、気にする必要がりません。みんなの価値観を受け入れていたら、あなたは、不幸になりますし、自分の人生が台無しになります。

玄ちゃん
玄ちゃん

みんなと仲良くする必要はないって、そういうことなんですね

こうめい
こうめい

うん。相手の価値観を参考にするのは大事だけど、自分の人生の主人公は自分だから、相手の価値観を否定する権利もなければ、それと同じく、相手に自分の価値感を否定する権利はない。

こうめい
こうめい

もちろん、実害が生じた場合や、迷惑行為や犯罪行為が伴っている場合は別だよ。これは、相手と戦わないとだめだけど。

玄ちゃん
玄ちゃん

どっちも尊重したいとこですが、どうしてもぶつかる可能性があったら、距離をこちら側がとってあげるというのもありということですね。

こうめい
こうめい

感情のぶつかり合いは、どちらかが大人になって距離をとらないと収束しないので、それが私は個人的にいいと思ってます。

玄ちゃん
玄ちゃん

じゃあ、さっそくブロックします!!!

こうめい
こうめい

ん?この流れ知ってるぞ。

もしかして…

玄ちゃん
玄ちゃん

こうめいさんをブロック!!!!!

こうめい
こうめい

……まぁ、そうだと思ってたよ

玄ちゃん
玄ちゃん

(ふふふ。冗談ですが、気が付くまで黙ってます)

こうめい
こうめい

(´・ω・`)

玄ちゃん
玄ちゃん

それでは、また会いましょう^^

ということで、Twitterで変な絡まれ方して、悩んでいますという事例が実は玄徳庵にも定期的に寄せられます。

そんな時に私が言うのは、遠慮なく『ブロック』しな。ということです。

もし言葉の行き違いで、話し合って解決できそうなら、話し合うのも一つの手なんですが、明らかにこちらの言い分を聞かずに嫌がらせでやっているケースは、あります。

そういう時は、その目の前の人ではなく、そのやり取りを見ている第三者を意識して発言するといいです。

第三者が見ていて不快になるようなことはこちらは言わない。

そして、相手が善意ではなく悪意だと判断したら、『ブロックなどで距離をとる』というのは、大事な戦略でもあります。

人間みんなと分かり合うなんて無理ですので、自分や自分の周りの人たちを守るすべを、皆さんも見つけてくださいね。

玄徳庵の更新情報を受け取れるTwitterのフォローはこちら

玄徳庵であなたの「不安」を支え改善する相談ができる玄徳庵コンサルクラスはこちら

★玄徳庵特訓授業クラス★
HP・名刺・ブログにYouTube。あなたにあった集客ツールを一緒に作り上げる6か月!『信頼集客マスター講座コンサル付き』(Mクラス)開講です
無料メルマガ:信頼集客であなたの会社やお店の集客や経営の問題を一挙解決しましょう!無料メルマガ講座!『信頼集客』でお客さんに選ばれちゃう愛され社長になる集客術を学ぶ9日間講座配信中です!
玄徳庵Dクラス:毎週配信のメルマガでしっかり学んで力を蓄える!
玄徳庵で売り上げ&悩み解決コンサルサポートクラス
初回限定:玄徳庵の2時間本格コンサルを人生で一度だけ3000円で受講できるサポートです
玄徳庵Bクラス:月額1万円で起業経営の悩みを全部解決しろ!!
玄徳庵Aクラス:みっちりサポートを受けて一人前の経営者を目指す!
玄徳庵Cクラス:仲間たちと一緒に学べ!玄徳庵オンライン勉強会

 

タイトルとURLをコピーしました