生き残れるかどうかの分岐点。無理せずに来て2カ月の行政書士さんからもらったメッセージ

こんにちは。こころ豊かに働く人を増やすお坊さん!無理せず起業塾、塾長の阿部です。

もうすぐ5月も終わりですね。この5月。令和の最初の月は、ばたばたとしてあっという間に過ぎてしまいましたが、うれしい報告もたくさん届いた月でもありました。

この節目の時期に、誰と一緒にどのようにこれから動き始めるかを決める。

これも大事な経営者としての判断でもあるんですね。

さて、今日はとある過去に所属されていた行政書士さんのお話し。無理せず起業塾に入られて当時は2カ月余り。そんな状態で無理せずでアドバイスを受けてくださっていました。

ですが、その行政書士さん、なかなか慎重派で行動に移してくれないんです。

いろんな言い訳をして、「まだ準備が整わない」「間違った情報を出したら恥をかく」とにかく、失敗するのを嫌がるんですね。

ところが、細かなところには、すごく気にかかるようで、「ブログの書き方はどうだ」「あのひとのブログの表現はどうのこうの」みたいな発言ばっかりしてくる。

ああ、このまんまじゃ、ダメな士業になる!!!

そう思った私は、失敗してもいいから、とにかく交流会に行ってこい!!!!

そんな風に無理やり追い出したことがあります。

最後までご本人しぶしぶ(後日の本人談(笑))でしたが、一生懸命、名刺を作り、ネットの環境を整え交流会に参加されたんですね。

そしたら、新しい世界が広がったようで、

阿部さん!交流会に行くように背中押してもらって感謝してます。今日であった社長さんから、お仕事を回してもらえることになりました。阿部さんと一緒に作った名刺から、おもしろいやつだなと、話が始まって仕事にまでつながりました。

いままで、私は、自分に自信がなかったからとはいえ失礼なことばかりしてしまいすいませんでした。これからもどうぞよろしくお願いします(行政書士)

実はこのタイプの生徒さんが、無理せずにも定期的にいらっしゃいます。

でも、そういう方のいいところは、自分がいかに狭い世界で勝手に頭だけで考えているのか?そこに一度気が付いて、行動に移せれば、大きく開花するところにあります。

ただ、残念なことにこの生徒さんのように、行動に移せればかわれるんですが、過去には、

「なぜ私が阿部さんの言うことに合わせなければならないんですか?私は私のやりたいようにやりますから」

という発言をして、結局何も変われない。私のアドバイスを全部拒否するという、まさかの生徒さんも実際いらっしゃいました。

そうなると、何でコンサル受けてるんだろうという状態になるわけですね。

そうなってしまうと、だんだん状況が悪くなる一方。私も何もできないし、生徒さん自体もこちらに情報をくれないので、どんどん状況を悪化させる。

うん。この状態なら、お金をもらっている意味がないな。

そう思って、私が、退塾勧告することも、実はあったりします。

頑張る方は見捨てませんが、無理せずにいて損になるような状態の方には、私は迷わずに退塾勧告をするようにしているんです。

そうすることで、お互いが、嫌な思いをしなくて済みますし、生徒さんも自分の新しい可能性を探してもらう資金を残すことができますから。

ということで、話はそれましたが、結局のところ、どんな助言をもらっても、行動に移せるかどうかが分岐点になります。

あれはいや、これはいや、でも、いや、あれは……。言い訳ばっかりの人は、どんなに一生懸命アドバイスしても結果なんて出ません。

さて、あなたはどちらの行政書士さんになりますか?

行動して変わる?それとも、うだうだして終わる?その選択権はあなたが持っているんですよ^^

頑張るあなたをサポートする無理せず起業塾はこちら

無理せず起業塾のメルマガはこちら

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら