玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

2019年度から、無理せずは行政書士・士業・カウンセラー・セミナー講師などの先生業の独立・起業・再スタートを応援することに特化します

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部浩明です。

皆さん昨年度は無理せず起業塾の応援をありがとうございました。おかげさまで、生徒さんや、オンラインサロンなども盛り上がりはじめ、私が、10年前に目指していた形に徐々に近づくことができております。

さて、無理せずの歴史は、常に、業界の壁との闘いの日々でした。

私が開業3年目から『私のように起業してから苦労する経営者を減らしたい』そんな思いの元スタートした無理せず起業塾。

ところが、その活動には、賛否両論が付きまとい、毎日のように来る誹謗中傷や嫌がらせなどに、疲弊しながらも進んできた歴史でした。

その結果、私も、途中で折れてしまい、一時期は、無理せずをやめたい。そして、行政書士のサポートをしたくない。そんな風に逃げたくなり、いろんな業界のサポートであったり、法人のコンサルとして活動したりと、『誰を救うのか?』というところが、あいまいになりつつありました。

そんな中、試練を乗り越え、講師陣の助力も得て、今、我々がたどりついた『無理せずの存在意義』は、

  1. 士業やセミナー講師などの先生業をサポートすること
  2. 大活躍している人ではなく、現状苦労している立ち上げたばかりの方のサポート
  3. 起業してからいまひとつ芽ができらない人のサポート
  4. 他のコンサルではうまくいかなかった方のサポート
  5. 一度失敗してもう一度チャレンジしたい方の再スタート支援

このような5つのポイントに絞られるのではないかなと思います。

特に、いま、起業家さんの中には、有名なコンサルさんをはじかれ、途方に暮れてしまっている人が結構いらっしゃいます。

逆に、ひよこ狩りと呼ばれる内容のない、そんなコンサルの被害にあい困ってしまう人もいます。

そういう方たちを救い上げ、再生し、もう一度、チャレンジする『気力、技術、知識』を補うのが我々の役割だと思っています。

私はもともと、一人の優秀な経営者を育てるのではなく、一人でも多くの『自分の力で生き抜け幸せにチャレンジできる経営者』を育てることを目指していました。

ですが、私自身の心の疲弊により、それができなくなってしまい、しばらくそこにチャレンジすることもできなくなってしまっていたのですね。

それくらい、本気で、この目標をかなえるのは、大変なことだと思っています。

ですが、私は、それをかなえるために、行政書士になり、行政書士を引退し、心のサポートもしたいとお坊さんの修行にまで行ってきました。

そして、たくさんの全国の仲間に協力をお願いし、今の無理せずを作り上げたわけです。

だから、今年度は、もう一度、初心に戻り、起業で苦労しているあなたを私は本気で救いたいと思っています。

そして、特に、行政書士などの士業や資格業の先生などを全力で応援したいなと思っているんですね。

そんな志をもう一度固めながら、無理せずは、2019年度また新しくチャレンジをしていきます。

あなたを幸せにする起業塾。

あなたが下を向いて苦しむ時間を減らす起業塾。

それが私の目指す無理せずです。

そして最後には、全国の先生業たちが協力し合って、本当の意味で、専門性を究め、お客さんを救えるネットワークを築いていく。そんな共存共栄の夢をかなえたいなと思っています。

無理せず起業塾、再スタート!2019年から新発行のメルマガはこちらになります

 

タイトルとURLをコピーしました