玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

twitterをやると売り上げが上がる人、売り上げが下がる人の違い

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

先ほど、無理せず起業塾のメルマガで、『twitterをやると売り上げが上がる人、売り上げが下がる人の違い』について配信しました。

無理せず起業塾の無料メルマガはこちら

今、twitterを見ていると、結構危ない発言をしている人を多く見かけます。

特に、仲間うちで盛り上がって、言いたいことをいってしまっている人を見ると、正直、やめたほうがいいよと教えてあげたくなるくらいです。

というのも、私のように、部外者も見ているということを忘れて発言をしているからです。

Twitterは、私的な発言をしたつもりでも、それが公的なものとして扱われるツールです。

ついつい油断して、私的な話をして、自分の正義感や、思い込みで、誰かを傷つけて、問題になるということは、ありえる話なんですね。

そこのところまで、経営者であれば、気を使って発言するのが当然です。

だって、私もそうですが、『この人危ない発言しているぞ?』と思ったら、静かに、ブロックしてしまいます。

そうやって、信頼をだんだん失っていっていることに気がつかずに、気がついたときにはすでに遅し。という人が、結構いるんだろうなというのが見えてきました。

特に、『私的な発言』は、人気があるので、いいねや、反応が集まりやすいです。

そのいいねや、周りの人からのメッセージに踊らされて、ついついよけいなことまで話してしまうなんてことは、一番気を付けなければならないポイントでもあるんですね。

私なんかも、アメブロ時代から、だいぶ、誹謗中傷を受けてきましたが、やはり自分がちょっと伝え方が下手だったときもあります。

そんなときは反省して、また記事を書き直したりすることもあるんですが、こと、ツイッターは、発言したら、それがかなり速いスピードで拡散されます。

しかも、ブログと違い、気軽に投稿できるので、中身を推敲せずに、気軽に書いてしまい、ついつい回りから恨まれるということもありえるわけです。

それが、自分の本業についての信念などで嫌われるならいいのですが、自分の仕事にはあまり関係のないことや、他の同業者や、隣接業界の悪口などを行っているとなれば、話は別。

まったく持ってそこに正義はありません。

だって、それを見て、不愉快になる人がたくさんいるどころか、業界全体のイメージが落ちているわけなんですから。

そんなことを踏まえて考えると、こんなタイプの人は、Twitterで集客をしようとしないほうがいいです。

  1. すぐに熱くなる人
  2. 自分のこだわりや正義感が強すぎる人
  3. 皮肉屋の癖がある人
  4. ついつい調子に乗ってしまう人

とくに、印象が悪いのは、『討論好き』『誹謗中傷が多い』『マイナス思考発言が多い』この3種類なんではないかなと思います。

個人のアカウントなら問題ありませんが、これを、実名を挙げて、あるいは会社名を挙げて発言しているとなれば、それは大問題なわけです。

実は、身内でわいわい盛り上がっているから、集客すごいだろうな。という人のネットほど、案外集客できていなかったりします。

逆に、私は、いいねはなくてもいいと思って発信してますが、お客さんがキチンとTwitter経由で来てくださっています。

つまり、『いいね』の数も、『盛り上がりの量』も、その場の楽しさとしてはいいのですが、集客という概念で考えると、その評価は変わってくるんですね。

もちろん、両方がキチンと出来ている人もいます。

そういう人になるのが理想ですが、なかなか難しいのも事実。

だからこそ、自分の発言は、他の誰が見ても大丈夫なものなのか?というのを考えて、キチンと発言する。これが重要になってくるんですよ^^

どんないい道具も、使い方次第で、くすりにも毒にもなります。

あなたはキチンとくすりとして活用できてますか?劇薬にならないように注意してくださいね。

こんな内容を配信している無理せず起業塾のメルマガは、こちらになりますよ。

無理せずの知恵のぎゅーと詰まったメルマガです。

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

 

タイトルとURLをコピーしました