玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

行政書士が司法書士と提携するときに、おさえておくべきポイントは?

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

士業連携。士業は自分の資格だけで生きていける業界ではありません。

必ず助け合いが必要になるんですね。それを無視して、自分だけでやろうとするから、業域問題が起こってくるんですね。

さて、行政書士と司法書士の連携は、珍しくありません。

実際、私も提携してる事務所がいくつかありますし、それによるトラブルなんかも経験してます。

ということで、一つずつアドバイスさせてくださいね。

まず、司法書士との連携ですが、金銭問題をはっきりさせておいてください。

そこをうやむやにして、スタートする人もいるんですが、『お金は信頼』なんです。

相手が、あなたを利用しようとしていたり、逆にあなたが相手を利用しようとしているときほど、お金の話は出てきません。

特に、司法書士は、明確に仲介料禁止規定がありますので、それを知らずに、仲介料を払ってしまうと、違法になってしまいます。

そして、お金の話がきっちり決まってしまったら、後はお互い一生懸命、お仕事をすることになるわけです。

もちろん他に気を付けないといけないこともあるので、それは、また別の機会にブログで書きますね^^

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み
[table “2” not found /]

 

タイトルとURLをコピーしました