玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

せっかく仕事が来たのに、あれ?お金が手元に残らない…

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

私が無理せずをスタートしたときに、一度管原さんとけんかしたことがあります。

うん。悪かったのは、実は私(笑)

というのも、あまりにも最初見込んでいた仕事よりもハードすぎて、報酬分けの変更の交渉をしたんですね。

ところがここで、2人の性格の差が出たんです。

見積書をきちんと出して、その金額通りに動く管原さん。ポリシーがしっかりしていて、その代り見積書はかなり考え込んで作ってあります。

赤字になっても、自分の見積もりが甘かったということで、その赤字を請け負う覚悟がある見積書の出し方です。

一方私は、見積もりが一定ラインでアバウトになっていました。

この金額が基本金。そして、最上限で今金額以上は絶対に請求しません。というスタンスで、ある程度予想外のことが起こっても対応できるように、お客さんに説明して、納得してもらってました。

そこで、無理せずの報酬わけですが、私は、やりながら、適正金額にしていくという考え方があったわけです。

一方管原さんは、最初の提示で、きっちり決めてしまいたかったわけです。

そこで、ガチンコの戦いが起こったんですが(笑)今でこそ笑い話ですが、結構大きな戦いになりかけた喧嘩でした。

まぁ、何年かに一度、やってるんですが(笑)

さて、ところで実はこの報酬の決め方というのが難しいんです。

私たちは、最初から、比較的高額に設定して、その分サービスを充実させて、満足してもらうというポリシーがあります。

価格にプライドを込めているんですね。だから、お客さんの仕事をすると、基本は黒字になりました。

ところが、やはり、ときおり見込みを間違ってしまうと、これ大変なことになる。

うげー!!!という状態になる。

仕事量半端じゃないのに、お金入ってこないじゃん。みたいになる。

私実は、行政書士ではこれやらかさなかったんですが、無理せずの初期にこれをやらかして、自分の事務所ごと、潰れそうになったことがありました。

あの時は、恐怖でしたよ本当に。

あの時の敗因は、行政書士事務所の収入があるので、それに甘えて、無理せずの収益の見込みが甘かった。

だから、無理せずの人気がどんどん出て、爆発的になった時に、仕事が回らなくなってしまったんです。

利益の出ない商品を売り続けているわけですから、まぁ、経営は傾きますよね。

ほぼ、慈善事業みたいになりかけて、慌てて、立て直しをしたんです。

そのおかげで、今こうやって、何とかやれているわけですがね。

恐らく、行政書士でも、同じことをやる人は多いと思います。というのも、お金の感覚が、まだ経営者ではなく、会社員のままの人が多いから。

会社員のままだと、働いた分だけお金を頂くなんて考えるので、そうすると、勉強時間や事務所の維持費などは、足りなくなります。

そうなると、仕事を受ければ受けるほど、赤字になる恐怖が始まります。

そんなことを避けるために、お金の勉強をきちんとしてくださいね。と、私が授業で口酸っぱく言うのは、そういう経験があるからなんですね。

あなたの価格設定は大丈夫ですか?

ちなみに、無理せず開業行政書士講座では、価格の決め方も授業でやりますよ

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました