玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

[テキスト無料公開]3年は頑張れと言われるのには、きちんと根拠がある

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

無理せず起業塾のテキスト公開、今の記事は、ブログで全体公開しますね。

そのほかの記事もご覧になりたい方は、このメルマガに登録お願いします


さて、この章の一番大きなテーマかもしれません。

行政書士になったら、とりあえず3年生き残るのが一番大事だ!そんなことを耳にすると思います。

私も最初これを聞いて、『これは、がむしゃらに動かない人のいいわけだ』なんて思って、1年目から、飛ばすだけ飛ばして活動していました。

だって、ある行政書士の会合で、いい年齢の行政書士さんが、『3年たったんですが、一向にお客さんが来ません。どうすればいいんですか?』なんて、公の場で質問しちゃうくらいですから。

いや、そんな情報みんな知ってても教えないでしょ(笑)だって、それって企業秘密を教えろって言っているようなもので、そんなこと皆さん聞かれて教えます?

阿部さん教えてるじゃん!というのは、私は、これを教えるときから、行政書士をやめる覚悟をしていたから。だから、そういう人しか本来は教えることできないはずなんです。

先輩には失礼ですが、そんな情報を誰かが教えてくれると思っていることが甘いです。

自分で勝ち取っていくという意志がない人は、行政書士の世界に限らず、どこの世界でも生き残れませんからね。

だから、そういう人に向けて、私は、『3年頑張れ』なんて言葉をかけていると思ってたんです。

幸い、1年目から仕事は来ていましたので(紹介や士業サイトからの問い合わせなどがありました)

1年目にしては恵まれている方でした。

まぁ、そんな中でも、結構な失敗はしているんですがね。その辺は、後の章で話しましょう^^

ところで、この3年という期間、過ごしてみて気が付いたんですが、法律家が必ず通り抜けなければならない3年間だったんですね。

わかりやすく言うと、『この3年を通じて、段階を通じて成長しなければならない』という意味だったんです。

実際1年目は、ビラを配ったり、HP 作ったり、ブログやったり、いろんな業者と契約したり解約したり。

いろんな人に合ったりと、はじめて尽くしで、たくさん失敗をする時間といった感じでした。

その失敗を通じて、どうやって結果を出していいのかを、学んでいく時間といった感じでしたね。

2年目になると、心にゆとりができてくるのですが、とにかくお金がない(笑)そこで、自分一人ではだめだと思い、自分の師を求めて、コンサルの門をたたきまくりました。

その結果、自分に合うと思った師匠を見つけ、そこに全力投資!その人から全部盗んでやると、

バリバリ学び、それと同時に実践。特にネット集客は効果がかなり出て、そのコンサルの師匠の本で紹介してもらえるくらいに(市販の本ですが、もう廃刊になっちゃいました~)

自分の得意分野と苦手分野が何となく見えだし、法律家としても、どのようにふるまえばいいのか?経験値がどんどん蓄積されたのが2年目でしたね。

そして、そのバリバリに、ふと疑問を感じるのが3年目。

あれ?このまま、走り続けたら、私、死ぬまで走り続けないとだめなんじゃないの?そんなことに気が付いてしまったんですね。

この2年間のおかげで、仕事は来るようになった。収益もそれなりでこのまま頑張れば、やっていけるようにはなりそうだ。ただ、このままじゃあ、私が倒れたり、何かあった時にどうすればいいんだ?

この3年目で初めて、経営者として、『自分が動かずに、収益を上げることの重要性』というのに気が付き始めるわけです。

まとめてみますね。

■行政書士としての最初の3年間の課題

1年目:

何もわからないので、アドバイス&勉強をしながら、ガンガン試して失敗をしていく時期

2年目:

利益を上げることに注目をしながら、仕事を経験しスキルを上げる。法律家の基礎を完成させる

時期。

3年目:

利益を安定させ、仕事の幅を広げつつ、いらないものを手放す時期。経営者として、基礎を作っ

ていく時期

1年目から2年目は、行政書士として、0~1に成長する時期。

一方経営者としては、3年目にやっと0~1が見えてくる感じなんだと思うんですよね。

そして、一番つらいのが、この3年目の課題。

私も実際苦戦したのが、この3年目の課題で、ここではいろんなものを捨て、いろんなものをスタートしています。

たとえば、私はこの時期、『記帳代行をやろう』と言って、福島税理士のところに行って、『阿部ちゃんはコンサルをやりなさい』と言って断られてます(笑)性格上、確かに記帳代行は向いてないんですけどね。

一方、同じ3年目に、菅原伸也行政書士は、同じく福島さんのところで、記帳代行を学び始めているはずです。

私だけでなく、他の士業も、この3年目に、経営者として、自覚ができ、このままじゃダメだと、あがき始める時期だというのがよくわかりますね。

そして、私の話に戻ると、私はこの時期に、『無理せず起業塾』をスタート、セミナー事業スタート、

相続専門から会社設立専門にシフト、士業の連携のネットワークづくりを開始など、大幅にやり方が、法律関連事務所から、経営にシフトしていっているのが分かります。

要するに、ここからは、行政書士としてどう生きていくかを考えているのではなく、経営者として、自分の事業をどう大きくしていくか?これを中心に物事を見るようになったんですね。

その最たるものとして、自分のパートナー(奥さん候補)に、行政書士試験受けてくんない?と言っていたくらいです。

私が死んだりしたら、私の仕事引き継げるようにしたかったんですね~。

というように、何もわからない1年目。自覚の出てくる2年目。経営者として飛躍しようとする3年目。

こんな感じで成長していくんですね。

この3年目を乗り越えた人が初めて、本格的に経営者としてやっていける法律業になります。

だからここで、他の事務所に統合されたり、廃業したりする人が多いんです。

無理せずのテキストを全部読みたい方は、こちらのメルマガに登録してくださいね

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました