玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

せっかくだから共有しましょう!行政書士事務所のたたみ方

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、日本広しと言えども、行政書士を本気でやめて、教育分野に取り組むと宣言して専念している人も少ないと思いますが(笑)せっかくの経験なんで、ここで皆さんに共有しておきます。

行政書士事務所のたたみ方(登録抹消の仕方)

各行政書士会にて、違うと思いますし、ルール改正などもされると思うので、その時は行政書士会に当然合わせてくださいね。

さて、私の場合ですが、一言で言うと、抹消手続きめっちゃ簡単でした(笑)

登録の時はあんなに手間だし、お金もめっちゃ取られますが、登録抹消に関しては、ただ書類を書いて出すだけですね。

あ、でもきちんと用意するものもありますよ。

■行政書士登録証

いわゆる行政書士に登録したときにもらう賞状ですね。これはお返しします。まぁ、行政書士に登録していないんですから当然ですね。

■行政書士会員証

あの、免許証みたいな大きさの常にもってなさいよと言われたあれですね。顔写真が載っているのに、あんまり身分証明になってくれない…。あれも、返却ですね。

■職務上請求書

これも持っていると危ないので、職務上請求書も、行政書士会に返しに行きます。そのまま、原本保管をしてくださいと指示されましたが、行政書士をやめたからと言って、書類全部処分しちゃだめですよ、保管期間があります。

■行政書士登録抹消の書類(正副2通)

これが今回書かないといけない書類ですね。行政書士会に連絡すると、データーを送ってくれます。これを手書きで書きましょう。名前の欄は自筆となっていたので、記名押印ではだめなので注意ですね。

■誓約書

これは、先ほど返還するものの何かを紛失していたときに、書くものですね。私は全部あったので、提出しませんでした。


ということで、行政書士をやめるときは、これらの書類を整えて、行政書士会に持っていくだけです。

お疲れ様でしたも何もなしに、手続きが終わります(笑)

多いんでしょうね。抹消手続きする人が。

今回抹消手続きをやってみて一つ注意点ですが、書士会によっては、会費の分割払いができるところとできないところがあります。

千葉会を私が辞めるときは、きちんとお金を分割で返してくれましたが、新潟会は全くそういうのなしで、全額持っていきます。

こういう風に、対応に違いがあるので気を付けてください。

後は、行政書士会費ですが、4月と10月に分割で支払いの会も多いと思います。

その場合は、3月の上旬。9月の上旬にきちんと手続きに入った方がいいです。9月下旬になってしまうと、日行連の手続きが間に合わなくって、会費を支払わされる可能性があるらしいです。

私は9月中旬に届け出を出しましたが、何とか間に合った感じですかね。

ということで、やめ方が分かっていれば、自分がいざというときに決断もしやすいと思います。

なんでもそうですが、終わりが分かっていないものってめちゃくちゃ怖いんですよね。

そういう意味では、やめる手続きをいつまでにやればいいか?どうやってやればいいか?わかっておけば、少しは心が楽になるので、参考にしてください。

もちろん、やめることなく、自分が亡くなるまで続けられるのがベストですがね^^

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました