信頼集客の伝道師玄徳庵のブログ
ブログ記事はこちら

【公開コンサル】司法書士で会社設立をメイン業務としてやりたい!けどどうすればいい?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

会社設立の業務は、行政書士・司法書士のメインの業務のひとつです。

新しい会社の立ち上げに立ち会えるのは、とてもすばらしいことで、その会社が大きくなっていくと、なんか感慨深いものがあります。

特に、行政書士と違い、司法書士は、その後の登記の関連からも、設立した会社さんと関わることが多い。

そういったことで、やりがいも、収益も見込める業務ですね。

となると、当然ながら、ライバルも多いわけで、今東京などだと、「1万円設立」「0円設立」など、とんでもないことをやっている事務所もあります。

ですので、価格競争なんてとてもじゃないですが出来ません。

こんなのに巻き込まれたら、その業界の品質自体が下がってしまいます。

さて、という事で、お金じゃないところで勝負して欲しいのですが、まずは、『ターゲット』を絞るところから、スタートしないとダメです。

会社作りたい人どこにいるの?

そのうち来てくれるかな?

では、誰も来ませんから、明確に、誰にきてもらうのかをはっきり決める必要があります。

そのターゲットを決めるときに、1つ今回はアドバイスです。

会社設立をしたい人個人を狙うのはやめてください。

え?設立したい人を集めないといけないんでしょ?

そのとおりなんですが、それを一人ひとり集める労力が、馬鹿になりません。

お仕事の根本は、自分中心のコミュニティーを作ることなんですが、それが出来るまでには相当の努力と時間が必要なんです。

だから、最初は、他の人の力を借りる必要があります。これを、HAVE営業というんですね。

会社設立をしたいだろう人が集まっているところ、私だったら、『起業塾・創業塾』『コンサルタント』『税理士』『行政書士』を中心に営業をかけます。

実際、無理せずを卒業した会社設立の司法書士さんなどは、そういうHAVEが、早い段階でできたので、すぐに結果が出ました。

一方、自分のコミュニティー作りにこだわってしまっている人は、なかなか結果が出ないんですね。

ただし、自分のコミュニティーも作らないと、そのHAVEの人が潰れたときに、連鎖倒産してしまいます。

連鎖倒産は、本当に惨めなので、誰かに依存するHAVEは、絶対ダメなんですね。

ということで、会社設立の専門家としてやりたければ、最初は、HAVE営業として、会社設立を考えているお客さんを持っている人と仲良くなる。

それと同時に、自分の力で集められるコミュニティーを作る。

この2本軸で考えてください。

え?自分のコミュニティーの作り方を知りたい?

そこは、私に直接聞いてくださいね。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました