玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

【私の行政書士開業体験記】これを知らなかったから、貴重な運転資金数万円をどぶに捨ててしまった(泣)

こんにちは。無理せず起業塾お坊さん行政書士の阿部です。

私が、開業当時本当にお金に困っていたことは、何回かお話ししたことがありますが、そんな中でも、今よりお金をかけて、宣伝広告をやっていました。

というか、やり方がわからなかったから、お金がかかっちゃっただけなんですがね(笑)

さて、これは、私が初めて折り込みの広告を出した時の話。

嘘です(笑)出したかったけどお金がなかったので、折り込みをあきらめ、新聞も諦め、地域のフリーぺーパーに広告を載せてもらったときの話です(笑)

当時本当にお金がなくって、貧乏暮らしをしながら、何とか事務所を守っていた私。

そんな状態ですから、数十万円かかる新聞の広告とかはもちろん出せないわけで、でも、何かしないとお客さんも来てくれないわけで。

そんな葛藤と戦っていた時期がありました。

そんな状況で出てきたのが、地域に配布されるフリーペーパーの広告。

初めての広告ということで、私ははりきって、広告会社に電話して、打ち合わせに行ってきました。

担当の方から、色々とアドバイスをもらえるんだろうなと当然思ったわけです。

ところが、担当は、

「何色がいいですか~」「料金はこれくらいですよ」

くらいしか話してくれない。

え?それだけ?こちらは、数万円を払うんですよ???

といった状態でしたが、仕方ないので、色と料金だけ決めて、後は写真を送ってください。という連絡だけ。

そこで仕方なく後日写真を送ったら、その写真にもアドバイスがあるわけでもなく、ただそのままデザインが完成。

そのまま発行!

当然ですが、お客さん一人も来ることはありませんでした。

今見てもこのデザインはないだろう?この文面に何でしたんだ??というような内容の広告。

本当に、ガックシ来てしまったところに、追い打ちをかけるように、その業者さんから、「毎週出さないと広告なんて効果ないですからね~」といわれる始末。

おいおい。お金をとることしか考えてないなこの業者。

そう思った私は、それから一切、広告系の会社とはつながらないことにしたんですね。

実は、名刺なんかもそうなんですが、広告会社やデザイン会社は、言われたことを言われたようにやるのが仕事だと思っています。

要するに、お客さんの成果なんて関係ないんです。

成果が出なくっても、広告を出したんだからいいでしょ?名刺を作ったんだからいいでしょ?これが普通の業者さんなんですね。

ようするに、広告を出す前や、名刺を作る前には、自分自身で集客できる状況をきちんと戦略として作っておかなければならないわけです。

それができていなければ、どんなに大金を投げ込んでも、結果は出ないわけですね。

これの経験があるから、私は皆さんに、名刺の作り方のアドバイスをするようになったわけです。

ということで、そんな悲しい思いをしなくっていいように、名刺の勉強を一緒にしたい方は、私たちの授業後参加ください^^全国どこでも、自宅から参加できますよ。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました