玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

士業ですが、名刺を渡すタイミングってどうしてます?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

無理せずの名刺講座募集開始です^^名刺の悩みをじっくりと一週間かけて解決しちゃいましょうね。

『交流会が苦手!営業が苦手!でも集客できる!最大限に名刺を生かして仕事集客しちゃおう』講座募集中です!

さて、名刺を渡すタイミングって、地味に難しかったりしますよね?

相手の方との阿吽の呼吸で、名刺交換できるタイミングが見えれば、楽に渡せるんですが、我々は、ビジネスマン以外もお客さんとして接しているので、どうしても、名刺交換の習慣がない人もいますからね。

そういう人にも名刺を受け取ってほしいじゃないですか(笑)

ということで、マナーの面ではなく、どのタイミングで名刺を渡しているか?という私の体験からのお話をさせていただきますね。

まず、一番のスタンダードは、最初にばったりと出会ったときか、道端で出会ったときなどであれば、席に落ち着いたとき。

これが一番よくあるパターンなんじゃないかなと思います。

相手の方もそのつもりで、待ち構えてくれたりするので、これはこの時に渡せばOKです。

問題は、私のように、ブログをやっていたりすると、名刺を渡さなくっても、相手の方が、私を知っているので、顔パスみたいな状態で、話が進んじゃうこともあるんです。

「阿部さん初めまして!初めての感じしないですがね~」

から始まるときって、名刺交換するタイミングを逃すことが多いです(笑)

いや、ブログでつながっているのでいいんですよ。いいんですが、名刺渡したいですよね。

というときは私は、いつも、去り際に渡すようにしています。

会話をある程度して、そして、今後ともよろしくお願いします!のタイミングで渡すんですね。

そうすると、相手の方も、私に親近感をすでに持っていてくれるので、名刺をしっかり見てくれたり、印象にも残るので、他の人に話をしてくれたりということが起こりやすい気がします。

まぁ、礼儀としては、間違っているんでしょうけど、マナーというのは、私は、相手に失礼がなければいいものだと思っているので、そのケースに合わせた方がいいと思ってます。

私のことを振り返ってみると、最初に渡すのが7割。最後の方に渡すのが3割といった感じですね。

ブログの読者さんや、メルマガの読者さんだと、後半に渡すことが多くなります。

ただ、名刺を渡すことが目的ではなく、名刺を使って、信頼をつかむのが本当の狙いですから、渡すにこだわるあまりに、話聞いてなかったとか、失礼なことをしたなんて方がよくないので、そこは間違えないでくださいね。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました