玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

これは書籍やブログやTwitterでは見ることの出来ない貴重な内容ですね!とtwitterのフォロワーさんからメッセージいただきました

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、twitterを本格始動させてから2カ月ほどが経ちましたが、フォロワーさんが1600人に到達しました。コツコツコツコツ増えていってます。

無理せず起業塾塾長のTwitterはこちら

さて、Twitterのいいところは、メッセージやコメントをもらいやすいところ。コミュニケーションツールですので、私の方からいろいろと書き込めますし、さらに皆さんからもメッセージをもらえます。

もっとありがたいのは、そのコメントが他の人からも見えるので、ベテランの行政書士さんなんかが私の投稿にメッセージをくださると、信頼度がより上がるわけですね。

ということで、Twitterからつながった行政書士さんから、こんなメッセージを頂きました。

これは書籍やブログやTwitterでは見ることの出来ない貴重な内容ですね! ましてやひよこ狩りのセミナーでは絶対に教えてくれない本当に大切なことの1つだと思います。 私も授業を受けたいぐらいですΣ(・ω・ノ)ノ(フォロワーさん 女性行政書士)

お会いしたことないのに、ここまで誉めていただけると大変恐縮です。

どんなことをつぶやいたかというと、こんな言葉でした。

今日の授業でも話しますが行政書士になって気をつけたのが自分の足をすくわれないこと。 ちょっとダークですが、万が一対立関係になったらお互いが相手の弱点を攻めることになりやすいです。 自分も依頼者もキチンと足下を固めさせる。そうしないと思わぬことに巻き込まれたりしちゃうかもなんですね(塾長のTwitterから)

ブログの読者さんなら、私がダークなのは既にご存知かと思います(笑)

Twitterでは、そのダークさをあまりまだ出さないようにしているので、軽めですね。続きです。

つまり、士業をやる以上常に最悪を想定し、そこに万善の策を練っておき、その上でその策を使わなくっていいように話を持っていく。 これは市民法務も許認可も一緒だと思ってます。そのためには、最悪を想定する想像力なども鍛えていくのが大事ですよ。なんて授業やります(塾長のTwitterから

こんな投稿をしたんですね。

さてせっかくなんで、我々士業に大事なのは最悪の想定をしておくこと。

常に最悪の想定をしておかないと、お客さんを守れません。

これはかなり必要な能力で、そこまで想定するからこそ『予防法務』と名乗れるわけですね。

そういう現実などをきちんと教えずに、きれいなことばかり見せる人が多いのですが、私はそういうやり方にあまり賛同していません。

集客としては、きれいなところだけを見せた方がいいんですけど、それはある意味詐欺に近いですからね。

ということで、これからも、『私も授業を受けたいぐらいです』といってもらえるような授業をやっていこうと思ってますよ。

無理せず起業塾の行政書士向け講座はこちら

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました