行政書士として創業融資をすすめたことで顧問のお客さんが…先輩行政書士の後悔【開業体験談18】

みんなの開業体験談(序クラス)

こんにちは。あなたやあなたの会社の成長を妨げる棘を抜くコンサルタント玄徳庵のこうめいです。

行政書士になりたての時って、正直お客さんからの依頼も全体像が浮かんでないことの方がい多いと思います。

たとえば、中古車販売の会社を作りたいという相談者さんが来た時に、「古物商の手続き」や「会社の設立の定款作成」なんていう個々の手続きはもちろん調べればできます。

でも、中古車販売の会社さんを作るときにどんな問題が出てきて、どんな対策をとっておいた方がいいのか?なんていうお客さんが望んでいる全体像は、最初は本当にちんぷんかんぷんです。

私自身は遺言業務からスタートしたわけですが、幸いにも実家がお寺だったこともあり、多少は葬儀などやお寺づきあいにお墓の問題や、それに伴う親戚とのトラブルなどのイメージがある程度ありました。

だから、すんなりいろんなアドバイスができたんですよね。「家族葬を選択することでの問題点」とか、普通の行政書士だとイメージできなかったりしますもんね。

そんな風に全体のイメージができない段階の時って、どうしてもお客さんの言いなりで言われた書類を要望通りに作ることで一杯一杯になってしまいます。

ですが、それはプロの仕事ではなくただの「お使い」でしかありません。

そんなところから早く脱却しなければならない。ということにまず気が付かないとだめなんですが、今回の話は、私の友人の行政書士が「お使い」から脱却したときに話です。

その行政書士さんは、とにかく「お客さんの要望を叶える」ことを行政書士の仕事と思って頑張ってきた行政書士さんでした。

そんな行政書士さんのところに、あるとき会社を作りたいという相談が来て、そのための創業融資をとってきてほしいんだという風にお願いをされたんですね。

会社の設立自体は友人の司法書士に任せて、行政書士さんは融資をとれるように事業計画を作ったり依頼者のために走り回ったそうです。

そのかいがあったのか、お客さんに融資が無事に決まりその流れで記帳代行の依頼も任される顧問契約を結ぶことができました。

その時は、行政書士さんもいい仕事をしたぞ!!と、大満足だったそうなんです。

ところが数カ月して、融資の返済が必要になった時期と依頼者さんの資金繰りが悪くなったタイミングが重なってしまいます。

記帳代行をしているのでお金の流れが全部見えているので、その行政書士さんは青ざめてしまいました。

というのも、実は融資自体が「必要のない」事業だったのに、融資を受けたことで無駄な部分にお金を使ってしまい、そのせいで会社が傾いていることがありありと見えたんだそうです。

頼まれたから融資とってきましたではなく、自分がもっと広い視野に立って融資を受けるべきなのかどうか?きちんとお客さんと一緒に考えていればこんなことにはならなかったのでは?

もちろん、自分が融資をとってこなかったからといってうまくいっていた保障はありません。

でも、自分がお客さんと共に考えることもアドバイスすることもできる立ち位置にいながら、何も考えずにただただ「お使い」として融資をとってきたことに、ものすごい後悔の念があったそうです。

幸いその会社さんは何とか潰れることもなく乗り越えたんですが、その社長さんから、

「いや~。融資は怖いね(笑)」

という話をされるたびに、ちょっとだけ胸が痛むそうです。

この辺は価値観が大きく分かれるところですが、確かに大手法人の行政書士さんでも「頼まれたことだけやってればいいでしょ?」という価値観の行政書士はたくさんいます。

その一方で、コンサルタントに準ずる役割が行政書士の役割だからこそ、お客さんに苦言を呈したりとめることもやるべきなんだという考えの人もいます。

悲しい現実を話をすると、前者のお使い型の方がじつはお客さんに喜ばれますし、稼げます。

これは、人は「誰かに否定されたり、誰かに指示されるのが嫌い」だからです。だから、自分の意見を否定する行政書士は嫌われてしまいやすく仕事が減ります。

だからどうしても「お使い型行政書士」が正解の経営スタイルに見えてしまう時期もあるんです。

でも、それなら行政書士の存在意義って何なんでしょう?

ちなみにお使い行政書士を上手に抜ける方法が、「人を動かす方法」を身につけること。相手が自主的に動きたくなって、相手が意見を変えてもいいぞと思えるように話を持っていく力を身につけることが必要です。

この行政書士さんは、そんな後悔からこの「人を動かす方法」というのを学び、そして今ではお客さんに伴走して一緒に会社の未来を考えることができる行政書士になっています。

私個人としては、「伴走型行政書士」に皆さんに放ったほしいと思いいろんなアドバイスをしていますが、「お使い型行政書士」がいいという方はそれはそれでいいと思います。

本当の意味でお客さんを笑顔にしたい行政書士さんは、怖がらずに私と一緒に「伴走型行政書士」を目指してもらえると個人的には嬉しいです^^

ということで、玄徳庵では伴走型の行政書士に必要な「人間関係の調整力」のアドバイスや授業などもしています。

よかったら玄徳庵で一緒に勉強しませんか?

玄徳庵の無料メルマガでは「集客・利益・商品アピール」だけでなく、「伴走型行政書士」に必要な「人間関係力・メンタル力」などのアドバイスもしています^^伴走型行政書士を目指すあなたはこちらからメルマガを読んでみてください

 

☆期間限定イベント☆
玄徳庵では、外部の方も「愛され経営者」をめざし学べる機会を作りたいと毎月イベントを開催しています。よろしければご参加くださいね!直近のイベントは、以下の通りです。
 
現在イベントはありません!!
玄徳庵のブログやYouTubeで取り上げてほしい相談はコメントメッセージかお問い合わせページから送ってきてくださいね!
■お問い合わせはこちら

<玄徳庵の授業>
玄徳庵の授業は段階別に、基礎トレ・中トレ・上トレの3コースがあり、すべてのコースが半年間コンサルと併用して授業を行うスタイルとなっております。

しっかり学び、コンサルを通じて実践できる。生きた学び舎ですよ

■基礎トレ講座(初心者向け総合)
■中トレ講座(利益アップ特化)
■上トレ講座(メンタル・人間力特化)
☆Cクラス(月一回の読書勉強会クラス)
☆Dクラス(週一回の有料メルマガクラス)

<玄徳庵のコンサル>
玄徳庵のコンサルは3クラスに分かれています。
■Aクラス(おすすめ・基本)
■Bクラス(安い・気軽)
■Sクラス(がっちり)
※法人さん向けのSSクラスが別途ございます。

<玄徳庵とは?>
奪い合い・騙し合いの競争社会から抜け出し、笑顔で働ける。笑顔で過ごせる人を日本に増やしていくことを目標に活動している起業塾です。

<阿部こうめいとは?>
経営者さんの成長を妨げる棘を抜く『刺抜きコンサル』を自称する教育者(コンサルタント)。20代の時に行政書士事務所所長・学習塾講師を経験し、本当に悩んでいる人の悩みを解決したいと曹洞宗のお坊さんになった変わり者。見た目が厳ついけど「カプセルトイ」などかわいいものが好き

 

玄徳庵のおすすめサービスランキング!
本格コンサル(Aクラス)

玄徳庵のメインコンサルです。月1回ZOOMでの対面コンサルをして目標設定や問題解決に取り組みながら、個別のチャットルームでこまめに情報確認しながら実践していくコンサルです。このコンサルを受講していただけると、玄徳庵での授業などの内部向けのサービスすべてに参加できるようになります。

簡易コンサル(Bクラス)

玄徳庵の一番安いコンサルです!本格コンサルと異なり、『ZOOMでの対面コンサルがない』・『チャット相談が集団ルームだ』という代わりに価格を抑えたサポートとなっています。内部イベントや過去セミナー動画での勉強などは本格コンサルと同じように無料で使用できるのでお勧めです

玄徳庵中トレ講座(集客力アップ特化クラス)

玄徳庵の中で「集客力アップ」「売上アップ」に徹底的に注目して授業&コンサルを行うクラスです。半年間のサポートで「稼ぐ力をつける」にこだわって授業と実践コンサルを繰り返していきます。本格コンサルと同じ価格で、月2回の授業とチャットでの個別コンサルを受講できるのでお得なサポートです(※ただし半年が上限になります)

基礎トレ講座(起業したての経営者向け)

玄徳庵の授業クラスのうち一番基礎を学ぶクラスでありながら、全体像を学べる大事なクラスがこの基礎トレ講座です。特に開業年数が浅い方にお勧めですよ。半年間のサポートで「経営者としての基礎力」にこだわって授業と実践コンサルを繰り返していきます。本格コンサルと同じ価格で、月2回の授業とチャットでの個別コンサルを受講できるのでお得なサポートです(※ただし半年が上限になります)

特別コンサル(Sクラス)

コンサルクラスの中でも、従業員さんの育成が含まれた唯一のプランです。個人事業主とはいえ、パートやアルバイトとして人を雇うこともありますよね?そんな時に長く一緒に働けるように環境を整えたり、従業員さんの育成をしたりと大変なことがたくさんあります。その大変なことを、玄徳庵がお手伝いするのがこのSクラスです。

みんなの開業体験談(序クラス)玄徳庵ブログ行政書士さん限定
シェアする
もう無理!とあきらめる前の個人事業主の駆け込み寺!玄徳庵
タイトルとURLをコピーしました