『営業しても私に売込みをしたい人しか集まらない…』女性行政書士さんからの質問に答えてみた

こんにちは。玄徳庵の阿部です。

それでは今日もブログ更新やっていきますね。皆さんも一緒に学んでいきましょう^^

こんな質問を女性行政書士さんからいただきました。

みなさんどうやって営業しているの・・・DMやビラ、ニュースレターなどで一生懸命営業しても「わたしを客にしたい」人からしか連絡が無いんです

さて、それでは、今日はこの質問に答えていきます。

私も行政書士時代、1000枚のビラを配って歩き、その結果、商工会からの勧誘電話が1件だけだったとか、はがきを送ったら宗教の勧誘と保険会社の勧誘の電話だけがかかってきたとか、そんなこともありました。

だから、誰もが通る道なんですが、ここでまず、多くの人が心折れてしまうのが問題です。

たとえばブログを書いていても、YouTubeを配信していても、私のように集客したことがあるという状態なら、頑張り続けることができます。

今日問い合わせがなくても、ブログを見ている人がいれば、1カ月後や1年後に依頼が来る可能性もあることを知っているからです。

そういう成功体験があると、だんだん自信が出てくるんですが、それがない人は、やはり不安になるんですよね。

そこは私もすごくわかります。

でも、問題点は、その広告やビラなどを1回や2回受け取っただけで、あなたはそのお店のオーナーを信頼できるのか?ということをしっかり考えることが必要です。

信頼集客の基本ですが、初めましての人に『信頼をしてもらう』これがものすごく重要なんです。

その一方、この信頼してもらうというのは、すごく難しく、時間も回数も必要になります。

たとえば、ブログ集客している人がどうやってブログ集客をできるようになったのかというと、千記事や1万記事はざらに書いている人がいます。

私も、過去に消したブログなんかを全部足したら、3千記事は楽に行くと思います

今このブログで、残してある記事だけで1千記事ですからね。

Twitterをやっている人たちも、朝から晩までTwitterに張り付いていろんな人とのコミュニケーションをとっています。

それはなぜかというと、『信頼』を勝ち取るためなんですね。

ところが、この信頼というのを、どうにもこうにも簡単に考えてしまうところがあるのが新人経営者さんの弱点でもあります。

1度名刺交換したから覚えてもらえているだろう。

1度ビラを配ったから問い合わせが来るだろう

そんなに人間は甘くありません。もともと人は、最初に出会ったときは「嫌い」という状態から入ってくるのが基本です。「警戒」といった方がいいですかね。

その警戒を、いかに軽くし、この人は安心そうだ。と思ってもらえるかが最初の第一歩なんです。

ところが、いきなり買ってよ!!!と宣伝してしまうと、インチキ臭さマックスになってしまいます。玄徳庵でも、生徒さんのビラなどを作りますが、最初にこだわるのは、

  • 自分の名前と仕事内容を覚えてもらう
  • 警戒しなくていい人物なんだと理解してもらう

この2点。ここだけをしっかりと意識して、アピールするようにしています。

最初のアプローチから、商品持ってくるって、いきなり街中ですれ違った不審者が結婚してください。といってきたようなもので、気持ち悪すぎませんか??

それでOKいてくれる人は、奇跡中の奇跡で、そんなの数万人に一人いるかいないかです。そんな奇跡を狙うなら数をこなさなければならなくなりますが、その数をこなさないので、結局結果が出ないことになります。

それに、そんな奇跡、集客で使わないでください。

もっとその運ほかで使いどころいっぱいあるので、もっと人生の大事なところで使う方がいいです。

集客は、運ではなくしっかり行動すれば結果が出るんですから。

では、信頼集客を成立させるために、この女性行政書士さんはどうすればよかったのか?私のやり方をお話しすると、

  1. ビラやニュースレターを配るエリアを絞る(広域に撒かない)
  2. 1万枚を1回配るよりも千枚を10回配る戦略に変える(繰り返す)
  3. 商品ではなく、自分の事務所の話やくすっと笑えるコラムなどをちょこっと載せる(共感)
  4. ビラなどには、FacebookやTwitterなど継続して交流できるツールのQRコードなどを貼る(ファンにする)
  5. 自分に直接会える期日限定の小規模イベントなどをお知らせで載せる

だいたいこの5つを意識してやれば、何かしらの成果が出てくるはずです。

ポイントとしては、『権威・人柄・商品力』が分かるようにすればいいので、それをしっかりと毎回書きながら、ビラのファンを増やすのが大事。

いずれ、有料でそのニュースレター送ってくれ。といわれるようにまでなれば、こっちのものです。

実は、最近HPで、ニュースレターを添付できるので、アナログとネットの両方でその作ったニュースレターやビラを掲載すれば、ネット集客の役にも立ちます。

大事なのは、私を信頼したうえで買ってくれ!!!!

という強い意志を見せること。スイマセン買っていただけますか?みたいな姿勢だと、何もうまくいかなくなりますので、気を付けてくださいね。

玄徳庵で一緒に信頼集客を学びませんか?あなたの悩みを相談できる初回限定の3000円コンサルはこちら

玄徳庵の本格コンサルが6月限定で募集開始です。本気で集客や経営の悩みを解決させたい方は、6月中にご相談くださいね

 

[table “6” not found /]
[table “10” not found /]

 

誰でも参加できる勉強会のおすすめランキング紹介!
あなたの夢をかなえる事業計画書勉強会(「3のつく日」)

人は道に迷います。その迷いから救ってくれる道しるべ。それが事業計画書なんです。日本の経営者、特に自営業や小規模事業主さんは「事業計画」を書いたことがない方や、書いてもつかいこなせていない方もい多いかと思います。玄徳庵では、あなたの事業を救うだけでなく人生丸ごとの本当の目標をかなえる事業計画書の書き方と作り方を伝授しています。「本当の夢をかなえたい」経営者さんはぜひ一度受講してみてくださいね。

あなたの商品の魅力を10倍に!商品アピール力アップ勉強会(「0のつく日」)

いい商品が売れない時代。あなたが必死になって作ったいい商品が、なぜ売れないかというと、悪い商品がほとんどこの世の中からなくなってしまったから。つまり、ほどほどにみんないい商品なので、あなたの商品の良さがお客さんには理解できなくなってしまった。これが現代の一番の問題点です。だから商品がそんなに良くなくてもアピールがうまい人の商品が売れてしまいます。そこで、この講座では本当にいいものを売れるようにするために、あなたの「商品アピール力」を鍛え、本当にいい商品を売れる環境を整えることを目指しています。売り上げ直結の講座です。

自分の死後に備える!経営者のための終活エンディングノート講座(毎月「16日」)

人は突然最期を迎えます。それが、個人事業主や小規模事業主であれば残された人に大きな負担が残るってご存じでしたか?実は経営者が仕事で契約したHP会社がわからず、あなたの死後も家族が何百万も経費を負担するようになったなんてことが実際に起こるのが事業主がなくなるということなんです。だからこそ、自分の死に備える覚悟は経営者にとって避けてはいけない課題です。ちなみに玄徳庵では、元相続系行政書士でお坊さんの塾長と現役行政書士の岡田がコラボして、未来を明るくするエンディングノートの活用法を伝授しますよ

0からでもできる!お客さんから選ばれる信頼集客勉強会(「2のつく日」)

現在開講に向け準備中です!

あなたの悩みの8割を吹き飛ばす!人間関係改善実践勉強会(「8のつく日」)

現在開講に向け準備中です!

無理せず開業行政書士&士業講座(不定期「26日」)

現在準備中です

知らなかったではダメ!経営者のための法律講座(不定期「6日」)

現在準備中

玄徳庵過去記事
シェアする
玄徳庵(和尚さんと学ぶギバーのための経営塾)
タイトルとURLをコピーしました