食える行政書士になるためのお金の知識&商品業務の作り方

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の浩明です。

無理せず起業塾の講師陣の知識を一つに集約したい!!皆さんに一つでも多く提供したい!!そんな思いから、無理せずでは、今回から有料記事販売ツールの『note』の使用を開始しました。

こちらでは、各講師陣が、一つのテーマについてシリーズとして、有料ブログ記事を書き、それをブログ授業として皆さんに知識をお届けする。

そんな仕組みとして運営しています^^あなたに必要な知識を必要に応じて購入し、そして自分で実践して鍛える。そんな流れで頑張っていきましょう。

行政書士喰えない論は、お金と商品の知識のなさに原因がある

私が、無理せず起業塾を開講する前の行政書士時代から、行政書士は食えない論が蔓延してました。ところが、行政書士は、実際に食えている人がたくさんいるんです。

しかも正直なことを言うと、他の資格よりもいろんな自由度が高いので実は商売もしやすい資格です。

私個人的には、司法書士さんや弁護士さんの方が実は利益を上げるのってテクニックがいるんじゃないかなと生徒さんの指導をしていても感じることがしばしばあるくらいです。

実は、行政書士は案外恵まれた資格なんだということに、まずは気が付くことからスタートして、それでは具体的にあなたはどう乗り越えていくのか?そこまで一緒に考えてみましょう。

第1話 行政書士は実は潰れにくい!

最近思うのが、行政書士で食えなければ他の業種での起業も無理なんじゃないかというくらい、行政書士は恵まれた環境で起業できているということに気が付きました。

私も、今は異業種のコンサルをすることもあるので、異業種ってこんなに大変なんだ。そう思うことがすごく増えました。

それに比べて、先生業の行政書士はすごく恵まれているんですが、一か所だけ大きな弱点があります。

この記事ではその弱点をしっかりと把握してもらい、次回から、その知識をもとに、具体的なお話に入っていきましょうね。

テキストは、こちらになります(初話限定 500円)

第2話 現在準備中です

続きは、4月中旬ごろに執筆しますよ!!

 

 

[table “1” not found /]
[table “2” not found /]