玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

え?せっかく専門絞ったのに、専門以外のこともするの?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

さて、今日の記事も過去のメルマガの公開になります。

興味がわきましたら、ニューバージョンのメルマガ『起業家が知りたいけど恥ずかしくて聞けない15の質問』を読んでくださいね。

ここから登録できます!

さて、昨日に引き続き、専門性の絞り方についてお話ししますね。

専門性は絞った方がいいと、昨日はお伝えしましたが、これを勘違いしてしまってはいけません。

というのも、専門性を絞る本当の理由は、「集客」にあるからなんですね。

たとえば、行政書士よりも、ペットトラブル専門。
弁護士よりも、離婚弁護士。
コンサルタントよりも起業塾。

要するに、何が専門なのかを書いた方が、お客さんがイメージしやすいんです。

イメージしやすいということは、仕事が来やすいですし、相談もしやすいです。

学校の先生も、国語の先生と言ったら、国語の相談しますよね?

でも、タダの先生です。といわれたら、何の先生だろう??で、質問ってしにくくないですか?

それをなくすのが、専門性を絞る一番の理由です。

しかし、相談が来れば、そこから雑談で、話は広がっていくので、いろんな悩みや問題点が見えてくることもあります。そんなときどうするのか?

答えは、自分や、自分の仲間ができることはやってあげてください。

専門性を絞るというのは、入り口を明確にするということ。ターゲットを明確にするということです。

しかも、物を売るときに、いろんな商品のアピールをするのは、労力も非常にかかり、苦労します。

だったら、一つにしぼった方が、はるかに効果が出やすいんですね^^

だから、専門性は絞ります。でも、実際のサービス自体は、絞らなくっていいんですね。

ただ、これにも条件があります。

自分で何でもやろうとしないこと。

たとえば、私は今、行政書士の仕事は、お客さんとの対面と、仕事のスケジュールの管理以外は、すべて信頼できる人に外注しています。

そうすることで、一人でも多くの人と話をできるようにし、コンサルタントに専念できるようにしています。

以前は、全部自分でやっていたのですが、その結果、飽和状態になって、苦しい思いをしました。

できるからと言って、全部やってはだめなんですね。

だから、人に仕事を任せることを、徐々に覚えてください。

これができれば、いずれ専門を入り口に、トータルサポートできるお店になりますよ。

 


(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました