玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

私のトラブル行政書士体験!そんなの言わなくってもわかるよね?そんなあなたの潜在的な思い込みが、依頼人や、お客さん、そしてあなたを不幸にする

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

言わなくても、わかるよね?これはとっても怖い言葉です。

奥ゆかしさ?なんでしょうか。日本人は、空気を読むというのが、大事だと育てられる風習があります。

もちろんあなたが空気を読むのは大事です。

ですが、あなたがそれを大事にしているからといって、あなた以外にそれを求めるのは、大間違いなんです。

例えば、私は、行政書士の仕事は、『お客さんを安心させること』つまり、心のケアーも含める仕事だとかんがえています。

ですが、書類さえ作ればいいでしょ?という人もいますよね。

私が、それが間違っていると思っても、それをわざわざ伝えには行きません。私にとっての正義が、その人にとっての正義だとは限らないからです。

ただ、私は考え方が違うよ!という表明はしますし、一緒に仕事をすることはありませんがね。

こういう風に、自分の正義というのを、相手に押し付けてしまうと、喧嘩になります。どちらも自分の正義ですから、解決案がないんです。

そこを踏まえて頂いて、『自分が言わなくってもわかるよね?』という考え方。これがとても怖いことを、自覚して欲しいなと思います。

私も、行政書士の仕事をしているときに、お客さんからクレームが来たことがあります。

『登記簿謄本がいつまでも届かないんですけど・・・』

司法書士さんに依頼をして、司法書士さんから、書類を送った報告を受けていたので、私は、えええ??となりました。

『司法書士さんに確認するので、ちょっと待ってくださいね』

そういって、あわてて、司法書士さんに連絡を取ったんです。

そうしたら、司法書士さんは、書類を送っているというんです。

そこで、ピンときたのが、

『司法書士さん!全部事項証明書が、登記簿謄本だってお客さんに伝えてくれましたか?』

登記簿謄本とよんでますが、現在の登記簿や戸籍は、『全部事項証明書』などと名前が変わっています。

これは、デジタル化した登記簿や戸籍を、こういう名前で呼んでいるんですね。

ところが、お客さんはそんなことはわからないんです。

だから、お客さんの気持ちを考えれば、『これがいわゆる登記簿謄本ですよ』と、一言メモ書きを書く。これが、私は当然だと思っていました。

一方、司法書士さんは、『そんなことを説明しなくても、わかるだろ』と思っていたので、何も教えていなかったんですね。

私と司法書士さんの認識の違いが、お客さんを危うく不幸にするところでした。

誰も間違ったことはしてないのに、でも全員が少しずつ楽をしたがゆえに、結果として不幸になる。こういうことが現実にあるんです。

だから、私は、『必要以上に伝える』ことを重視する。

これが大事だと思っています。

今日から、そんなの言わなくても…という思いを捨ててくださいね。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました