玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

行政書士ですが、どうしたらそんなにブログから仕事が回ってくるようになるの?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

この質問来ると、最近ちょっと恥ずかしいんですがね(笑)私より集めている人なんて、五万といますから。

ただ、私がどうやって、お客さんに反応してもらえるようになったかを、ちょっとだけ書きますね。

まずブログの師匠に私は入門しました。

このブログの師匠のところで、生徒さんや、他のOBさんたちのブログを必死に学び、マネできることころは、どんどんマネしていったんですね。

あの頃は、ブログに毎日8時間ほど時間をかけていました。

そうしたら、3カ月ほどで、ブログに反応が出るようになってきたんですね。

その時ブログの記事ですが、毎日最低3記事。多くて5~10記事を3カ月休まず書いていたので、300~500記事近くは書いたかと思います。3カ月で。

そのブログは、いまや、亡くなってしまってますが(泣)

ただ、こういう質問をする人のほとんどが、ここまで努力をしていないのに、聞いてくることが多いので、厳しい現実をお見せしておきますね。

楽して結果なんて出ることはないんです。

楽をしたいのであれば、お金を出すしかないんですね。

しかも同時に、本や、雑誌、テレビ、交流会などで、本当にターゲットの人が悩んでいる情報や、知りたいことを調査し、仕入れて、ブログに書く。これをひたすら繰り返していたわけですね。

そうすると、半年ほどすると、ブログに反応が出てくるようになるわけです。

『検索できました』とか、『○○さんのブログから来ました』といったことが増える。

これにさらにアナログの力を加えたいと、交流会やオフ会に出て、いろんなブロガーさんとつながり、紹介してもらったり、紹介したり。そんな関係も作っていきました。

ただ、このころは、私も、相手の人を利用するといった感覚があったので、ちょっと反省してます。

本来は、もっと素直に、相手の人と信頼し合って、関係を作っていくのが正解だったんですが、そこを分かってなかったので、どうしたら紹介してもらえるかな?どうやったらお客さんになってくれるかな?ばっかり考えていました。

そんな時期でも、きちんと数をこなして、やることをやり続ければ結果が出るんですね。

今は、私はこういうガツガツを卒業して、違うやり方をやっていますが、それでも、1日に多ければ、10記事ブログは書いてます。

そうすることで、少しでも、必要な人に気が付いてもらって、喜んでもらいたいと思っているからなんですね。

ここまで真剣に取り組んでこそ初めて成果が出るのがお仕事です。

中途半端に頑張るだけではだめなんですよ!

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました