行政書士さんからの質問「情報を出すことで損をする気がします」という大きな勘違い

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の浩明です。無理せず起業塾今日もよろしくお願いします。

今日もコツコツ引っ越し作業(笑)そのおかげで、今私、机がありません。

机がないので、寝っ転がってパソコン打ってます(笑)蛙みたいな格好してパソコン打ってます。げろげろげろ(笑)

さて、本題入りましょうか。

先日行政書士さんから、阿部さんみたいに情報を出しまくっていると、お金を出している人から不満ってこないんですか?という風に質問されました。

これですが、今度動画でも答えたいところですが、不満が出たことこの10年近くで、片手で数える程度しかありません。

というのも、無料の情報で満足するような生徒さんは、そもそも無理せずに入塾しないから。

私は、情報を出すことで、お客さんをふるいにかけています。申し訳ないですが、誰でも彼でも入塾してください。お金さえ払ってもらえればそれで結構です。

そんなスタイルで仕事をしたことありません。

だって、そう言うお客さんって私たちに敬意がないので、何をアドバイスしても実行してもらえませんし、悪いことは私たちの責任に押し付けます。

そんな不愉快な経験を我慢して仕事をするというのが私は正しい仕事のスタイルと思っていません。

自分がお客さんを信頼し、そして自分も信頼してもらえるように努力をする。

その信頼関係でつながっているのが正しいスタイルであって、金さえもらえれば何でもやりまっせ!!というのは、私にはあっていないんですね。

実は私も迷走していた時期があって、一時期そのスタイルで、やろうかと検討したこともありましたが、その時にトラブル続発で、大変な経験しました。

おかげで今でもそのころのしこりがあったりするんです。

お客さんはしっかり選ぶ。そして自分も選んでもらえるようにどんどん自分をしっかり見せていく。これができないと、やっぱりトラブルの元なんですね。

そして、私の場合は、そのふるいにかける方法を情報提供という形でしています。

私の情報提供は、情報を出すことに酔って、情報だけでいい。というクレクレ予備軍さんを入塾前にバイバイしています。それでいいんです。

信頼できる方は、たとえ入塾しなくても、情報提供を受けると、何かしらのメッセージや、お金以外の協力をしてくれたりします。

こういう人は、人間として信頼できるので、その後生徒さんじゃなくてもずーと関係が続くことが多いです。

その一方で、情報だけ奪って、その後、しめしめ得したぞ!!!と思っている人は、実は、そこで信頼を落としているので損をしていることに気が付かない人なので、同じ行動をほかの人にもして、トラブルを起こします。

そういう人は、私も面倒を見切れないので、入塾してもらわなくっていいんです。

私は、教育の現場というのは、誰でも来ていいよ!!ではなく、しっかりとした師弟関係が結ばれる場だと思っています。

誰が師匠で、誰が弟子か?そんなものはどうでもいいのです。

ある時には私が師匠で、ある時には生徒さんが師匠。そんな関係で、10年以上続く関係の生徒さんを一人ずつ増やしていく。

これが私のポリシーなんですね。

だから、無理せずは閉鎖的なんて言われますが、その分卒業生は、しっかり活躍している方なども多いです。

私は、情報を出すことによって、トラブルを起こすお客さんを減らし、本当に長くつながれるお客さんや仲間を増やしています。

そういう考えだから、情報を惜しまずに発表して、その情報を見て、私を信頼してくれた人のみが無理せずに入塾してくださるんですね。

それでいいんです^^

しっかりと信頼関係でつながった仲間や、講師陣があなたをサポートします。無理せず開業行政書士講座はこちらから

 

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら