玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

ほしいといわれたから、一生懸命サポートしたのに…ちょっとしたボタンの掛け違いで、こうなるのが接客の怖いところ

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

一生懸命仕事をしたのに、あれ?思わぬ結果を招いたぞ?なんてことは、ちょこちょこあります。

ということで、私が実際に体験した、そんなお話を今日はしていきますね。

無理せずを始めたころの話。

新人行政書士さんがたくさん集まったセミナーの中で、ある一人の方が、声をかけてくださいました。

『阿部さん。菅原さん。実は私、○○に興味があって、教えてもらってもいいですか?』

その当時セミナーだけで、コンサルをやっていなかった私達でしたが、それを聞いて、喜んで、いろんな知り合いをあたったり、自分の体験を伝えたり、一生懸命サポートしたんです。

ところが、1カ月ほどたつと、その人との音信がとりにくくなりました。

なんだろう?菅原と話をしていると、その人がご自身のブログで、『ある行政書士のセミナーに出たら、売り込まれて困ってる』みたいな投稿が突然あったわけです。

私たちは、びっくりでした。

売込みも何も、1円も発生しないのに、労力をかけて、走り回ったわけです。

その結果、私たちを、さも悪者のように書いてお礼ひとつなく、その人は消えていったわけです。

あの時は衝撃的でした。

そこからその人とは関わっていませんが、そういう人が、実際にいたりするわけです。

ですが、これも考え方ひとつです。私たちは当然善意でやっていたんですが、ふつうそこまで動くと、高い料金を請求することが当たり前です。

それぐらいのことはしたので。

たぶんその人は、それが怖くなったので、私たちを疑心暗鬼の目で見るようになったんだと思います。

実は、親切すぎるのも、疑われることがあるんですね。

これは、結構見落としがちなんだと思います。

私もこの経験から、親切にしすぎるのはやめて、程よく親切に、ちょっとだけ親切に。を、心がけるようにしています。

そうすると、バランスよく、話がまとまるんですね。

親切すぎは、評判を落とす。バランスに気を付けてくださいね。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました