玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

【公開コンサル】8年前の私(新人行政書士)をコンサルしてみよう(笑)ダメなニュースレター

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、無理せず開業行政書士講座の資料を探して、事務所の過去の販促ツールや、資料などを整理しています。

そこで見つかったものをもとに、公開コンサルをしていきますね。

今回は、開業したその月に、かいて友人に送ろうとしたニュースレターをちょっと出してみます。

私が、まったく知識も経験もなかったときに、必死に勉強しながらかいたニュースレター。

ですので、本当に・・・・・・なんというか……読みにくいです(笑)

ということで、これをもとに、8年後の私がコンサルをしてみます。

ポイント1 情報は1つに絞れ!

画像を見るとわかりますが、大テーマが8種類もあります。

これでは、お客さんの印象に残らないというか、読むのも嫌になるというのが、本音でしょうね。

ですので、テーマはひとつです。そうすることで、お客さんにレターを送る回数も増えるので、接触の回数が増えて、信頼度も上がりやすいですしね。

ただ、このときはお金が本当になかったので、1回で何とか成果を出そうとして、逆に悪くしている典型的なレターです。

ポイント2 隙間は大きく。画像を使え

人間の印象に残る優先順位は、画像→文字になります。

つまり、ぱっと見たときに、「読んでみたい」と思ってもらえなかったら、そもそもどんなにいい内容でも、読んでもらえないんです。

だから、仕事に関係のある画像を入れる必要があります。

あとは隙間。

隙間は適度に開いていると、読みやすくなります。ぎゅーとしていると、難しそうで、読みたくないんですね。

ポイント3 つながりを作ってもらうツールを

ニュースレターは、それ一回では、効果が出ませんが、そのニュースレターに、LINE@や、メルマガ、ブログ等のツールのQRコードを貼っておく。

そうすることで、つながりを残す可能性が増えます。

または、磁石で広告を作っておくなどすると、冷蔵庫に張ってもらえるかもしれませんよね。


ということで、今までの情報を参考に、作り直して見ます。

まずは、テーマを1つに絞りましょう。それと加えて、横書きにしてみます。

横書きの方が、読みやすいんですよね。広告類は。

写真を入れ、文面をシンプルにして、裏面に濃い内容を書くとして、表面は軽い情報だけにする。

さらっと、こうするだけでも、みやすくなりますよね。

工夫というのは、ほんのちょっとのものでいいんです。ただ、その目的と、相手の目線をキチンと考える必要がありまよね。

 

[table “2” not found /]

(10-12)
休校休校

(13-15)
休校休校信頼集客
マスター講座
A
夕方
(16-18)
休校休校会員制
メルマガ
Dクラス
(永続)
信頼集客
マスター講座
B

(20-22)
休校休校大人の
国語塾
読書勉強会
(永続)
名刺・広告
アナログ集客
特化講座
放送
(22:30~)
お休みお休みTwitCastingTwitCastingTwitCastingTwitCastingお休み

 

タイトルとURLをコピーしました