『自動車のレンタルのお仕事がしたい!差別化で、外車の専門』という案を、私が止めたわけ

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

重なるときは重なるもので、同じような、経営の案で、相談が重なるときがあります。

たとえば、行政書士さんが、『相続』やりたい!と、何人も、集まってくる。

これは別に問題ないんですが、まぁ、重なるときって、重なります。

さてさて、それでは、実際にこんな相談を受けたことがあるので、ちょっとお話ししますね。

相談者「車のレンタルのお仕事がしたいんですよ」

私「そうなんですね~。(うーん。初起業にしては、コスト大きいな~。)」

相談者「そこで、差別化するのに、外車専門にしようと思って」

私「!!!!!!」

ここで注目。何がまずいかわかりますか?

外車専門というのは、大手も手を出さない、ジャンルで、確かに差別化できます。

ただし、コスト、維持費、そして、ニーズ。

珍しく、難しい言葉、並べちゃいましたが、要するに、お金がかかる割には、お客さんが来るとは思えないんですよね。

実は、差別化って言葉を、勘違いしちゃう人って多いんですが、差別化というのは、「ほかの人が成功している分野のジャンルを、ちょっとだけ、自分流にアレンジすること。

だから、完全にオリジナルにするということではないんですね。

もしかすると、大あたりするかもしれません。でも、失敗のリスクも大きい。これは、ギャンブルです。

ギャンブル起業は、私は、絶対にさせません。

自分の人生、賭けたら、だめなんですね。

 

無理せずのサービス紹介!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『自動車のレンタルのお仕事がしたい!差別化で、外車の専門』という案を、私が止めたわけ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]