実績がない行政書士の、自分の強みを見つける!キャラ作りって何?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

今日は、昔配信していた無理せずのメルマガの記事をこっそり公開しますね。

実績を見せなさい!

コンサルタントや、セミナーに参加すると、よく言われるのがこのセリフです。

最初に言っておきますが、こういうセミナーは、すでにお客さんが少しでもいる、店舗型のお店などでは有効ですが、まったく0から開業している、行政書士が、開業当初聞いても、あまり効果がありません。

本当は、2年後とかに聞くと、ちょうどいい感じです。

ですので、最初にこういうことを言われてしまうと、うーん。となってしまいます。

さて、ここで、ちょっと頭を切り替えましょう^^

あなたがお客さんにみせなければならないのは、行政書士としてではなく、あなたはその人にとって、どのような価値のある人なのか?そこ1点なんですね。

ですので、あなたという存在に、お客さんが価値を見出してくだされば、あなたが新人だろうが、ベテランだろうが、関係が無く、依頼をしてくださいます。

その価値のアピール方法のひとつが、「実績」というだけなんです。

確かに、相続の件数5000件の実績あり。なんてHPに書いてあったら、ちょっと説得力ありますよね。

ですが、何も実績だけが、あなたの価値ではありません。

あなたの人生や、性格や、性別、出身地、年齢やその他いろんなことが、実は価値になるんだということに気がついてください。

お客さんは、行政書士に依頼をするのではなく、あなたという人間に依頼をしたいんです。

つまり、あなたに惹かれる何かがあれば、お客さんは、実績を見せなくても、依頼をくださいます。そこに気がつかなければいけません。

あなたの強みは、実績ではなく、いろんなところにあるんです^^

例えば、私が関東で仕事をしているときに、意外と武器となったのが、新潟出身という、同郷意識。

これだけで、名前を覚えてもらい、仕事になることだってあります。

あとは、年齢ですね。

私は、26歳のときに開業なので、年齢が、若いのが、ひとつの強みでもありました。

若い人に相談したいという層のお客さんもいるんですね。

つまり、自分の強みというのが何なのか、自分が当たり前だと思っていることほど、実は、強みになったりするんです。

そして、それを極めたのが、キャラ作りになります。

例えば、私は、「お坊さん行政書士」として、ニックネームをつけて紹介しています。

これは、私の経歴の中で、多くの人が、「お寺の子」というところに、注目をしてくださったからです。

それならば、得度もしているし、「お坊さん行政書士」と名乗ろう。こうやってキャラを作りました。

それは、阿部さんが恵まれた環境だからでしょ?と思った方。それは、違います。

どんな人でも、そういう長所は、あるんです。というか、私は、お坊さんになるのが嫌で、もともと、行政書士になったんですよ(笑)

それがやっているうちに、「お坊さんであって欲しい」そう求められるようになったので、結局、嫌だった、修行に行くことになりました(爆)

それに、お坊さんの他でよく言われる、貫禄がある。落ち着いている、というのは、私の一番のコンプレックスの太っていることが、ひとつの原因です。

でも、太っているから、やさしそうで、安心して相談できるといわれたら、それも、向き合うしかありません。

自分のコンプレックスが、長所になる。そんなもんなんです。

人間というのは、いくつもの側面を持っています。その中で、自分の好きな面も嫌いな面もあると思いますが、人と接していると、自分のどの面を求められているのかが、分かるようになってきます。

そうしたら、自分のその面を前面に出す。

それ以外の面は、あまり表には出さない。それが、キャラ作りです。

長くなりましたが、最初からこれは、なかなか出来ません。

少しづつで大丈夫ですので、自分の強み、見つけて、キャラクター作り心がけてくださいね。

それでは、また、あした

阿部「ということで、お疲れ様でした。この、メルマガはこれで終わりになります」

相棒「そのまま公開するには、やや、過激かなと思った部分は、訂正して載せさせてもらってます」

阿部「そうなんです。やっぱり本当に大事な情報は、一般公開できないことも多いので。そういう情報がほしい方は、メルマガに登録していただければと思います。」

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

行政書士の報酬の決め方について、考えてみよう

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

この記事は、無理せずの昔発行していたメルマガを公開した記事になります^^

さて、今日は大事な大事な、報酬の決め方。

ここでは、具体的な金額ではなく、報酬の考え方についてお話しますね。

さて、会社員から、行政書士になられた方は、特に注意をして欲しいのですが、「報酬=労働の対価」という考え方は、個人事業主はしてはいけません。

実際に労働した時間だけの報酬をもらっていると、事務所はいずれパンクします。

その理由は、事務所を維持するためには、会社員時代では、思いもしなかったような、そんなお仕事がたくさんあるから。

そのお仕事の部分や、業務をやるために勉強など準備した分の、労力というのは、無償では、いずれ、体が悲鳴を上げてしまいます。

そこで、報酬の考え方ですが、まずは、労働の対価という感覚を捨ててください。

最初のうちは、これだけで、こんなにもらっていいのかな?

なんて感じますが、実は、これだけでと思えるのは、私たちが行政書士だからで、これを、一般の人がしたら、何倍もの時間も労力も必要です。

つまり、本来は、もっと大変なことなんですが、行政書士だから、大変に感じないんですね。

それを、行政書士の感覚にあわせて、金額を決めてしまったら、これはまずいです。生きていけなくなってしまいます。

金額というのは、そう考えるのではなく、自分が、この仕事をしたらこれくらい欲しい。という風に最初に設置をします。

これは、私なら、業務にかかる日当を、1万円と計算して、平均でこれくらいの時間が、全部でかかるな~。というのから、考えています。

実際にはたらいた時間ではなく、役所との連絡にかかる時間や、調査に立ちあう時間など、すべて含めて、何日と計算しているので、他の事務所よりちょっと高めです。

ですが、私は、お客さんから、支払いを渋られたり、嫌がられたりという経験がありません。

むしろ、「それだけでいいんですか?」と、いってもらえることさえあります。

その理由は、私は、報酬を高めにする分、それでも満足してもらえるように、連絡やケアーを、こまめにするようにしています。

そこに、私のお客さんは、価値を見出してくださるんですね。

また、報酬というのは、自分のお客さんを選ぶ基準でもあります。

高く設定するとその高い値段で、高いサービスを求める人が来てくれます。ですので、お客さんとのトラブルは、極端に減ります。

一方、安売りメインのお店だと、どうしても質の悪いお客さんが来やすいので、私は、安売りはしません。

私も安売りをしていた頃は、結構、嫌な思いをしましたが、値段を上げたら、そういうことはなくなりました。

ということで、値段に関しては、高めに設定する。そして、その値段に見合うだけのサービスをする。

そういう風に考えると、お役さんも、喜んでくださいますよ。

阿部「ということで、お疲れ様でした。この、メルマガはこれで終わりになります」

相棒「そのまま公開するには、やや、過激かなと思った部分は、訂正して載せさせてもらってます」

阿部「そうなんです。やっぱり本当に大事な情報は、一般公開できないことも多いので。そういう情報がほしい方は、メルマガに登録していただければと思います。」

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

行政書士として、生きていくために、捨てるべきことは何?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

今日は、すでに廃刊した無理せずの旧メルマガの公開をしますね^^

無理せず開業講座の無料メルマガ講座、『誰も教えてくれない!損をして後悔しない行政書士事務所の開き方』2013年度バージョンお読みいただき、ありがとうございました。

今日が最終日の15日目になります^^長い間お疲れ様でした。

ここまでの14日間、私は、行政書士事務所を運営してきた4年間【2013年当時)を振り返って、お話をさせていただきました。

ちょっと、夢を壊してしまうようなお話もあったかもしれませんが、夢というのは、現実をしっかりと、理解して、自分の足元を固めてから、初めて実現できるもの。私はそう考えています。

どんなにすばらしい夢でも、どんなにすばらしい理想でも、現実に伴わなければ、かなえられないのが、世の中です。

そうであれば、現実で悩む時間を、1日でも減らし、夢に向かってまい進できる。

そういう環境のお手伝いをしたいと、私達のこの、無理せず開業講座の活動があるわけです。

ですので、このメルマガや、私達のテキストが、少しでも、あなたの、行政書士の活動のお手伝いになるのであれば、とてもうれしいです^^

さて、最後になりましたが、今回のテーマ「行政書士として、生きていくために、捨てるべきことは何?」というテーマですが、これは、もうお分かりかもしれません。

私たちが、捨てて欲しいのは、「囚われ」です。

  • 先輩がこうしているからこうしないといけない。
  • 行政書士だからこうしないといけない。
  • 法律を扱うんだからこうしないといけない。

たしかに、プロ意識はとても大事です。法律は絶対に犯してはいけません。道徳も、無視してはいけません。

ですが、そうでなければ、行政書士であるその前に、私たちは、商売人です。

私がすごく不思議だったのは、目の前に困っている人がいて、助けを求めているのに、「私、行政書士だからできません!」と、捨てておくようなサービスって、いったいなんでしょう?

そんなことしているのは、法律家だけですよね。

これは、職域を侵せということではありません。職域は、絶対ですので、守ってください。

例えば、道端に倒れている人がいたら、皆さんはどうしますか?

そこで、勝手に手術しないですよね?

困っている人がいて、解決できる、お医者さんという存在を知っている。そうしたら、病院に連れて行ってあげますよね?

行政書士も同じ、もちろん法律家の職域を犯してはいけないので、行政書士が出来ないことは、そのほかの士業などに、一緒にお願いしにいけばいいんです。

こういう関係が、ちゃんと出来上がれば、職域争いなんて、本来いらないはずなのに、そこに気がついていない残念な風潮があります。

これは、それぞれの士業の、プライド。

しかも、お客さんの役に立たないプライドが、邪魔をしているような気がしています。

だから、たまに、「行政書士ごときが……」なんていう、他士業がいるんですが、行政書士に限らず、人間なんて、誰もたいしたこと無いんですよ(笑)

だって、一人で、出来ることなんて、限られてますよ。どんな超人でも、1人じゃあ、たいしたことありません(笑)

もちろん、仕事へのプライドは大事ですが、こういう、見栄のようなプライドは、その人の成長を止めます。

これも「囚われ」ですので、捨ててください^^

という事で、メルマガという限られた空間でのお話でしたので、あまり詳しくお話できないこともたくさんありましたが、私たちが、最終的にお伝えしたいのは、とにかく囚われを捨てて欲しいということ。

行政書士だから出来ないではなく、行政書士だから出来る。

こういう発想の転換をしながら、行政書士としてではなく、あなたが一人の人間として、何ができるのか?何を求められているのか?

ここをしっかり考えて、行政書士としてだけでなく、行政書士もできる、1人のあなたとして、行政書士ライフを送っていただけるといいのではないかなと思います。

最後に、このメールマガジンは今日で終わりですが、このあとも、私が気がついたことなどを、皆さんにお伝えできればと、不定期配信のメルマガを、用意しております^^

このメルマガをお読みの方は、自動的に、「士業で生きていこうと決めたあなたへ」(現在、新メルマガに移行)という不定期メルマガにご招待いたします。

このメルマガも、カンタンに配信解除できますので、安心してご購読ください^^

それでは、長い間お疲れ様でした。これからも、よろしくお願い致します。

阿部「ということで、お疲れ様でした。この、メルマガはこれで終わりになります」

相棒「そのまま公開するには、やや、過激かなと思った部分は、訂正して載せさせてもらってます」

阿部「そうなんです。やっぱり本当に大事な情報は、一般公開できないことも多いので。そういう情報がほしい方は、メルマガに登録していただければと思います。」

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!