お利口さんは起業に向かない!お利口さんでいたい自分を捨ててしまおう

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、無理せず起業塾の無料メルマガ『3年間事業を維持できる法律業養成12日間無料メルマガ講座』です

今回のテーマは、『失敗をたくさんできる人間になろう!』というもの。普段はメルマガの公開はしないのですが、今回は特別に公開していきますよ^^

参考になるなと思ったら、一番下のリンクから、メルマガ登録していただけるとうれしいです。


最近話していませんでしたが、皆さん失敗をきちんとしてますか?

実は、私は、こんな風に考えています。『失敗しなければ成長しない』

行政書士開業して、あるいは異業種でも、一番大事なのは、どんな失敗をして、それをどう乗り越えたか?ここにすべてがつながります。

実際、海外の起業家が支援を受けるときに『あなたは人生でした最大の失敗は何ですか?』と聞かれると、この前なにかで話を聞きました。

それくらい、失敗が大事なわけです。

もちろん、同じ失敗を2度繰り返すのはあり得ません。ただ、一回の失敗はして当然なんですね。

ところが、人間失敗というのはどうしてもいやなものです。特に、子供のころから優秀だった人ほど、失敗をすると、もう二度と立ち直れないんじゃないか?というくらい失敗を嫌がります。

一方、私みたいにたくさん失敗をしながら生きてきた、そんな不器用さんだと、失敗の先に何があるか?これを知っているので、失敗が怖くありません。

失敗の先にあるのは、絶望ではなく、次の成功でしかないことを知らない人が多すぎるのです。

たとえば、私は、HPの文章を定期的に書き換えます。

それは、一番最初に書いた文章が、お客さんに響く文章ではない。お客さんに買ってもらえる文章ではないことを知っているからです。

お客さんに買ってもらえるHPというのは、自分の魂を込めた文章を書いて初めてお客さんが来ます。魂というのは、熱い思いですね。

ですが、その魂が熱すぎると、お客さんにウザがられ、冷めすぎていると、興味を持ってもらえません。

そのバランスをいかにとるか?これが大事になってくるわけですね。

ですが、そんなことを永遠と考えていても、いい文章は書けませんし、お客さんも集まりません。

だから、まずは、ダメダメ文章でも、とりあえず書いて、打ち上げるのが大事なんです。

同じように、私も、無理せず起業塾という事業を経営してますが、この事業の中で、やろうとして失敗した分野は、山ほどあります。

たとえば、メルマガ読者さんにテキストを作ってもらって、そのテキストを販売して、みんなで利益を上げましょう!というような企画。

誰も乗ってこない(笑)

たとえば、うちのYouTubeチャンネルで、皆さんの事務所を宣伝しますよ~。という企画。

誰も乗ってこない(笑)

そんな感じで、色々と打ち上げては、消えていった数、数十企画(笑)

ですが、そこで終わったら、失敗する起業家です。

その反応を見て、私は、『まだ、この企画は早かったか』と判断をします。

または、『もうちょっと魅力的に作り上げないとだめだな』あるいは、『こういう風にすると、メリットが伝わるかな?』

そんな風に、コツコツと、失敗の原因を分析。そして、それを改善して、また前に進みます。

無理せず自体もそうでした。

セミナーから始め、テキスト販売、DVD販売、いろんなことをやり、失敗もして、そのうえで、この形が一番いい!!!そういう形に持って行ったのが、今の無理せず。

そこまで、試行錯誤をするから、自信をもって商売できるんですね。

同じように、あなたも、失敗をして、その失敗を試行錯誤していくことで、成長して、その上で自信をもって仕事ができるようになるんです。

ところが、士業は、本当にプライドが高い。だから、失敗したくないと、本当にごねます。いや、それは、恥ずかしい行為です。

もちろん、皆さんしっかりしているので、いろんな言い訳を作ります。でも、その言い訳は、私にではなく、自分自身に対しての言い訳。だって、私は、いままで、1000人以上の言い訳に向き合ってきたんです。言い訳を見抜く、ある意味能力があります。

だから、言い訳しても意味がないんですが、自分自身への言い訳をして、正当化してしまった人は、なかなか、その殻を破るのが難しいのです。

前も言いましたが、正論は、腹が立つんです。

だから、その正論をかわすためにどんな言い訳も用意します。そして、その言い訳を盾に自分の身を守ろうとします。

私は、すでに、盾を捨てて、傷ついても仕方ない。そう思って前に進んでいます。そして、きちんと自立した経営者は、みんなその覚悟があります。

ここが、生き残れるか?生き残れずに消えていくのかの境目なわけです。

子供のころ、100点を取ったテストを持って帰ると、私は親に『利口になるな!利口ではだめなんだ』といわれて、いつも首をかしげてました。

今ではよくわかります。利口ではなく、賢くならなければならない。

そして賢い人は、失敗をする人。そして、その失敗をもとに、次のために改善をできる人です。

お利口さんは、怒られないことだけを目指すので、失敗しないために、無難なことしかしません。そして、私は、お利口な子ほど、受験でも起業でも成功しないことを知っています。

だから、私は、『お利口さん士業』を育成する気はありません。だって、お利口さん士業で、結果を出せる人はあまりいませんし、結果といっても、ほどほどのところまでしか出せないから。

だから、無理せずに入塾したときに、私は、皆さんのいいところとともに、必ず悪いところを指摘して、それを改善するようにアドバイスします。

いままで、そんなことを言われたことがないので、愕然としてしまう人もいるようですが、成長するということは、『いいところも』『悪いところも』冷静に見極めて、いいところを伸ばし、悪いところを改善する。これが成長なんです。

いいところというのがいわゆる強み。悪いところが、弱点なので、ここを伸ばせば、強い経営者になれます。

そして、この悪いところもいいところも指摘するということは、コンサルタントにとっては、諸刃の刃で、お客さんが機嫌を損ねて退会してしまうこともあります。

でも、私は、教育者ですから、それでいいと思っているんですね。

実際、その時は怒っていても、数年後に、気が付いて私のところに、戻ってくる方もいますし。

それも、失敗なんでいいんです。最初は、失敗して、その失敗を訂正していく。そういう繰り返しで、成長していく。

だから、コンサルタントには、その長い過程を、温かく見守る度量が必要だと思っています。

私は、それができます。なんて自分で言うのもおかしいのですが、根気よく歩調を合わせて、サポートするのは、比較的得意分野です。

だから、私は、行政書士から、教育分野に転職をしたわけですね。

あなたは、自分のお利口さんを捨てられていますか?お利口さんは、今日、今、捨ててしまいましょう。

私も経験者だからわかりますが、それがはとても不安なことです。

が、それを捨てなければ、生きていけないし、経営者として、やってはいけないんですね。

あなたのお利口さん、勇気を出して、捨ててみませんか?


このようなメルマガを週3回程度無理せずでは配信しています。

表面上の情報ではなく、本当に必要な情報を。厳しい情報から、楽しい情報まで、あなたが成長できるように、お届けできればなと思って書いてます。

もうすぐ私のメルマガも8年目に入ります。

そんな歴史ある無理せずのメルマガ、皆さんの目で確認してみてくださいね。

無理せず起業塾、無料メルマガはこちら

 

無理せず起業塾の現在募集中のサービスです
■7月10日から募集再開!期間限定募集
一番成果の出やすい年間コンサルサポートの募集開始です
【おすすめ!】【無料メルマガ】3年間事業を維持できる法律業養成12日間無料メルマガ講座

 

コメントを残す