大阪の中小企業の経営者の救世主、建設業などの許認可を得意とする長島崇行政書士

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、無理せずの講師紹介ということで、塾長の阿部から見た各講師の紹介をさせていただいてます。

今回は、無理せずの実はOB出身という長島崇行政書士について紹介します。

大阪府吹田市出身。大学卒業後約10年間サラリーマン生活を送るが、規模縮小、事業所閉鎖等が原因のリストラに3回遭うという波乱の社会人生活を送ってきた。

「食えない、即廃業資格」の代表である行政書士で、「よし、成功してやるぞ!」と意気込んでバリバリ飛び込み営業をかけたものの、心が折れる等で営業活動ができず、1年ほど売り上げゼロ行進。

無理せず起業塾など様々なセミナーを通じて、「三方よし」の精神を取り入れ、営業活動を再開したところ、徐々に事務所経営が安定するように

ただ書類を作るだけでなく、経営ビジョンなど、トータルとして、経営者へのアドバイスなどを心がけている。

さて、ここからは、私の長島さん評になりますが、長島さんとお会いしたのは、無理せずの大阪セミナーでした。

かなりぐいぐい来る人がいるな(笑)というのが印象でした。この時点で、この人は、結果出すだろうな~。と私と菅原で、話していた人で、思っていた以上に結果をボンボンと出していかれたOBさんでした。

私や菅原、福島とは違ったタイプの魅力を持っていて、どちらかというと、相手を受け入れるタイプの私達とは逆に、自分からどんどん積極的に相手に意見を言える。

なおかつ押しつけがましいわけではなく、きちんと引き際もわかっているので、全く不快にならない『ぐいぐいさ』のバランスを持っている。まさに、営業のたたき上げといった感じの経営者。

どんなこともとりあえずチャレンジと、チャレンジ精神豊富で、無理せず以外の場所でも、セミナー活動をしている。

長島さんの口癖は、『三方よし』

無理せずの基本理念の一つでもある言葉ですが、まさにこれを心がけて活動されている行政書士だなと感じます。

自分だけが得することは考えず、必ずお客さんが喜ぶことを考えて活動している姿勢に、尊敬を覚える行政書士です。

行政書士の王道の『許認可』を中心に活動しており、営業スタイルは、アナログで何度も顔を出す御用聞きスタイル。

泥臭い飛び込み営業もできる貴重な行政書士。なかなか、これをできる人は少ないので、彼の話はとても勉強になる。

私の方から、声をかけ、2015年から講師陣として仲間に加わってくれている。

主に、アナログ営業、経営講座、許認可系の講義で教鞭をとってもらっている。