信頼集客の伝道師玄徳庵のブログ
ブログ記事はこちら

9タイプのお客さんをマスターして、信頼できる愛され経営者の座をつかみ取れ!『人間関係トラブルをなくすエニアグラム勉強会』を開講(Oクラス)

こんにちは。信頼集客の伝道師。玄徳庵の阿部です。

あなたはもしかすると起業するきっかけは『人間関係のわずらわしさから逃れたい』だったりしましたか?残念ながら、起業しても人間関係から解き放たれることはありません。

ただ、会社員時代と違い自分の決断で人間関係をいい方向にも、悪い方向にももっていっけるのが経営者の魅力でもあり、逆に言うと、その力がないとお客さんや取引先に振り回されることになります。

実際、玄徳庵に寄せられる相談の8割は集客ですが、残り2割は人間関係の相談です。

そこで、今回玄徳庵教養クラスでは月曜の20時からの枠として、『人間関係トラブルをなくすエニアグラムを一緒に学ぶ』を開講します。月会費1万円の隔週永続授業です。(2週間に一度開催で卒業期限が決まっていない授業)

この授業を受講している間は、玄徳庵Cクラスのオンラインサロン『憩いの場』に所属することができます。ほかの授業生やコンサルの生徒さんたちとの交流を通じて視野を広げてくださいね。

本題に入ります。

人間は全部で9タイプの性格に分かれているといわれています。その9タイプを学ぶのがエニアグラムという学問なんですが、私の方でそれぞれのタイプをわかりやすく表現すると、

  1. 真面目タイプ(改革する人)
  2. 愛情派タイプ(助ける人)
  3. カリスマタイプ(達成する人)
  4. 天才肌タイプ(個性的な人)
  5. がり勉タイプ(調べる人)
  6. 忠誠心タイプ(忠実な人)
  7. ポジティブタイプ(熱中する人)
  8. 親分肌タイプ(挑戦する人)
  9. 仲良しタイプ(平和をもたらす人)

このように玄徳庵では各タイプを表現しています。で、実はそれぞれのタイプで、おもしろいことに怒りのポイントも、かまし身のポイントも全く違うんだよ。ということがエニアグラムを読むとわかるんです。

たとえば、カリスマタイプが怒り出すのは自信のなさの表れ。自分一人ではどうにもできない弱さを、他人に押し付けて必死で自分を守ろうとする。

その一方、愛情派タイプは、とにかく自分を無視されるのがいや。特に自分が一生懸命相手と向き合ったのに、無視されるとそれまでの優しをさ全部すっ飛ばして怒ってしまう。

こんな風な怒りポイントがしっかりと分かっていれば、この人はどのことに対し怒っているのかな?ということが推測が付き、相手の怒りや誤解を解くことが簡単にできるんです。

私もこのエニアグラムの知識で、かなりのトラブルを回避し、敵対するはずだった人たちが逆にファンになってくれたりして、私も事業を支えてくれるなんてこともしばしありました。

そう。実はこのエニアグラムって、めちゃくちゃすごい智恵なんです。

ですが、その一方、このエニアグラムは非常に自分だけで学ぶには難しく、私も相当の苦労をしました。幸い、私は塾の先生や行政書士という法律家もしていたので、1000人以上の方の面談をする経験を10年以上かけてすることができ、その経験で叩き込みました。

だから、色々とリアルな経験談を含めながら、皆さんにお話をしていけるんじゃないかなと思い、今回このエニアグラムの授業を開催することにしたんですね。

この授業に参加するうえで、皆さんに授業料とは別に購入してほしい本があります。

それが、こちらの新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプになります。

このテキストを参考にしながら、この授業は進めていこうと思っていますので、授業参加者さんはAmazonなどで購入をおねがいいたします。

<現在執筆中>

タイトルとURLをコピーしました