玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

【募集】玄徳庵『読書を読書で終わらせない実践型読書勉強会』を開講します(Lクラス)

あなたは、毎月どれだけの本を読めてますか?また、読めていたとしても、しっかりと実践できるまで落とし込めていますか?

もし、本をたくさん読んでいるはずなのに、何も実践できていない。

本を読まないといけないとわかっているのに、本をなかなか読めていない。

そんなあなたの力になる勉強会を開催いたします。

こんにちは。信頼集客の伝道師。玄徳庵の阿部です。

令和の時代の経営者に最も必要なのは『人柄力』。そして人柄力とは、『教養力』だと私は考えています。

ところで、教養というと読書を真っ先に思い浮かべる方が多いと思いますが、本物の教養というのは、読書だけでは身につきません。

知識には定着度によって、いくつかの段階があると私は考えています。

本やネットなどに出回っている知識は情報です。

この情報を、自分がしっかりと学ぶことによって『知識』が初めて生まれます。

その知識を実際に行動を起こして『経験』とつなげることで『智恵』になります。

そしてその『知恵』を体にしみこませることで『教養』が生まれます。

この教養まで高めていないただの知識や情報は、どんなに蓄えていっても、残念ながらあなたはそれを使いこなせない。つまりは、ただただ時間を無駄にする読書をしただけ。になってしまいます。

そのため、玄徳庵では、この読書勉強会で一緒に読書をしながら、参加者さんとともに経験を学び、情報交換をし、そしてただの知識を智恵にまで上げていく。

そしてその知恵を実践で使えるまでに高めていくことを狙います。

私はもともと国語科講師で、更に行政書士という法律家だったことから、毎月1万円から3万円。というノルマを決め本を購入し知識をガンガン読み学んできました。

が、気が付いたのは一人での読書では、学べることが限られてきてしまうという事実です。

というのも、その知識を補ってくれる経験が自分自身の中にしかないわけですから、それでは、どんなにたくさんの本を読んで情報を増やしても、その情報を智恵にはなかなかできないんです。

そうやって、そのまま眠ってしまっている知識というのがたくさんあることに愕然としたことがあるのですが、皆さんは同じような経験はありませんでしょうか?

そういうもったいない読書を減らしていくという努力も必要です。

では、そのためにはどうすればいいのか?答えは、複数の人とともに、一つの本を読み情報交換をしていくというのが大事になります。

今回玄徳庵では、2週間に一度の『読書勉強会』を通じ、経営者としての教養を高める訓練を一緒にしていこうと考えています。

題材として扱う本は、

  • 7つの習慣
  • D・カーネギー
  • 自助論

などの有名にもかかわらず、案外読めていなかったり、読んだけど使いこなせないことが多い本や、生徒さんたちと一緒に話し合い、ぜひこの本を一緒に読んで学びたいと採用した本など、みんなで一緒に学ぶことを目的として、執り行おうと思います。

あなたも私たちと一緒に、玄徳庵で本を通じて学び、教養を高め、愛され経営者を目指しませんか?

■玄徳庵『実践型読書勉強会の狙い』

読書は一人でするもの。というのは、実は間違っているんだよ。というのを最近の生徒指導でつくづく感じています。

というのも、読書というのは、自分が読みたいように、勝手に価値づけをしてしまい、本来の大事なメッセージに気が付けないまま、生かしきれないことがあまりにも多いからです。

それは、読書が下手だとか言うことではなく、読んだ価値観を共有し、磨き上げる機会が圧倒的に足りない。つまり、インプットと呼ばれる勉強をしても、それを表現し実践する、アウトプットをしなければ、情報は知識にすらなりません。

この読書会では、参加者さん全員で、同じ本を読み、同じものを学び、そして知識を高めていくことを狙っています。

今、世界には文章として情報があふれかえっています。

その一方、その情報を使いこなせずに、情報の波にのまれて、沈んでいってしまう人もいます。私たちは、その両方をなくすために、今回この読書会を立ち上げました。

最初は、塾長の阿部が講師を務めますが、いずれは、生徒さん一人一人が講師の役割を務め、いろんな情報や、いろんな価値観を共有し、視野の広い知識豊かな人間に育っていく。

そんな世界を作れるといいなと思っています。

■授業の流れ

勉強会は、自宅のパソコンやタブレットスマホから参加できるZOOMでのオンライン授業です。

授業は参加型。お互いの顔を見ながら、問いかけなどをしていければと考えておりますので、なるべくカメラとマイク機能をONにしてご参加ください。

授業は一クラス10名までの少人数制で行います。(オンラインサロンの生徒さんが参加するため)

授業は隔週(2週間に一度)を基本とし開催されますが、そのお知らせは、勉強会参加者さんだけが参加するクラスのLクラスの掲示板に、授業や課題図書などの連絡が入ります。

また、開催の当日、参加のためのZOOMのリンク。そして、参加のためのパスワードをお送りしています。そのリンクを時間になりましたらクリックしてご参加ください。

さて、授業までの流れですが、お申し込みから整理しますと、

  1. このHPから受講のお申し込みをお願いします。
  2. お申し込み後すぐに、自動返信メールにて、授業料の振込先として、「PayPal」の情報をお伝えしますので、ご都合のいい方法を選んでいただき、申し込みから3日ほどでお振込みをお願いいたします。(事情があり振り込みが間に合わない場合はメールでご連絡ください)
  3. お振込み確認後、授業の3日前ほどになりましたらLクラスのルームにて当日のZOOMへの参加のリンクとパスワードをお知らせします。ZOOMが初めての方は、ZOOMが使えるように準備をお願いします(ZOOMで分からないことは、メールにて質問してくださいね)
  4. 授業当日になりましたら、15分ほど前から私がZOOMに入室しますので、その頃を見計らって、先ほどのメールのリンクをクリックし、パスワードの入力をお願いします。
  5. 時間になりましたら授業開始です。
  6. 授業は、ZOOMで行いますが、最初は自己紹介から行います。自己紹介の練習も授業に含まれてますので、ここから授業開始になりますので、マイク・カメラの準備をお願いしますね。(内蔵されているスマホなどを使う場合は、準備は不要です)
  7. 授業時は、自由に質問していただいて構いません。講義形式の時は、ZOOMの中にあるチャット機能から。マイクをつなげて一緒に対談しているときは直接音声で話しかけてきてくださいね。
  8. 休憩を挟みながら、時間いっぱい事業計画を一緒に書いていきましょう!!

このような流れになっていますが、わからないことは、即私に質問してくださいね。

授業には課題図書と、メモ用紙を筆記用具をご持参ください。

課題図書をもとに、講師が授業を開始します。この授業中に、皆さんとの討論や、一緒時実践を行ったりと、生徒さん全員が参加しての勉強会のスタイルとなっています。

本に関しましては、ゆっくり読み進めて4~5カ月単位で課題図書を変えていければなと思っております。

次の課題図書の指定などは、講師の方から事前にお知らせしますので、購入のご協力をお願いいたします。

授業を90分ほど行い、授業が終わりましたら、30分ほど皆さんで交流をし、次回(2週間後)まで解散という形になります。

現在募集しておりますクラスは、9月16日開始の水曜20時からのクラスで、その後は隔週水曜日に開催。途中入塾も可能になっています。

玄徳庵で一緒に愛され経営者になる。人生を豊かにする。そんな志のある方は、この読書会に参加いただければ嬉しいなと思います。

あなたと共に学べることを楽しみにしております。

玄徳庵読書会への参加申し込みはこちら(通称Lクラス)

■授業の詳細

それでは授業の詳細です。この授業は、玄徳庵の通常の授業クラスにあたります。

それでは、日程などの紹介です。

■授業名:玄徳庵読書会Lクラス水曜クラス

■講師:阿部浩明(塾長)

■日時:9月16日水曜日 20:00~22:00(以降隔週開催)

■募集人数:外部生1~3名まで(オンラインサロン生も参加)

■参加費用:5000円(税込み)/月額

■支払方法:PayPalでのお振込み(ゆうちょへの振り込みも希望の場合は対応可)

■場所:ZOOMにて開催

■特典:受講期間内限定オンラインサロンへの在籍可

■必要なもの:電子機器(PC・スマホ・タブレットのいずれか)・筆記用具・やる気

■キャンセル:原則入金後のキャンセルはお断りしております。参加が難しい場合は、ビデオなどで代替の授業を行います。それでも、やむを得ないキャンセルの場合は、一律1千円を引かせていただいた金額をご返金させていただきます。

■対象:特にありませんが、行政書士・司法書士・税理士・社労士・弁護士などの士業や、教育業界・カウンセラー業界・そのほかの資格起業家・フリーランス・小規模事業の社長さん、又はそれらの従業員さんを育成したいときなどにお勧めの授業です。

■お断り:参加者さんへの敬意を払えない方。迷惑行為を繰り返す方は、主催者の権限により退出を命じ、場合によっては法的措置をとらせていただきます。皆さんが、仲良く学ぶ場が玄徳庵ですので、よろしくお願いしますね。

■よくある相談1:お子さん連れなど、授業に集中しきれない環境の方も参加OKです。お子さんと一緒に授業に参加して、授業を受けているお母さんやお父さんもいますので安心して受講なさってください。

■よくある相談2:まだ開業していないんですがいいですか?と聞かれることが多いですが、それも問題ありませんよ。やる気がある方なら、どんな環境でも参加していただけます。

その他、繰り返しになりますが、不安なことや疑問点は、お申し込み時の一番下の自由欄に書き込み玄徳庵へメッセージくだされば幸いです。

玄徳庵読書会への参加申し込みはこちら(通称Lクラス)

■担当講師からひと言

情報に踊らされて、苦しい人生を歩んでしまった経験がある方って、どれくらいいらっしゃるんでしょうか?少なくとも、私は、その経験があります。

行政書士として開業した当初、有名なコンサルさんの本を読み、そのまねをしたことによって、数十万の赤字を抱えることになりました。

でも、今振り返ってみると、このコンサルさんが書いた本は、間違ったことが書いてあったわけではなく、私がそのコンサルさんの都合のいいところのみをみて、そしてマネをしたため、大惨事になりかけただけだったんです。

同じように、なにかの本を読んだとしても、その本当の価値に気が付けるまでには時間がかかります。

それは、その本に書いてある価値に自分の経験が加わらないと、あなたはその本を真の意味で理解できないからです。

ところが、自分が同じような経験をしたときには、それらの本は参考にする暇なく、問題が解決してから初めて、「ああ、ここに書いてあったんだ」となって、知識を使えず後悔することが多いのも事実です。

それであれば、実際に、この読書会を通じて、文章の意味を参加者さん全員で、一緒に考えながら、学んでいく。そうすることで、自分が経験したことがないことでも、仲間たちの経験を通じ疑似体験をすることで、あなたは文章に書いてある中身を理解することができるようになるのではないか?

そんな風に考えています。

学びのミスということで思い出してみると、

私は20代のとき、たくさんの事業をぼんぼん思い付きで立ち上げ、それぞれがそれなりに成果を出したのですが、どんどん勢いだけで進むようになり、当時いたたくさんのお客さんと、自分の人生のパートナーなど、たくさんのこと物を一般に失い、生きるか死ぬかのどん底を経験しています。

そしてこれを乗り越えることができたのが、実は今回の読書会で一番最初に課題図書にする7つの習慣の影響が大きかったと思っています。

でも、この本、私はその失敗をする前に3回以上読んだことがあったんです。そしてその知識を本当に生かせていれば、そんな悲しいをもいをすることがなかったのになと、今でも苦々しい思い出として残っています。

そんな実体験から、私は、一人でも多くの起業家さんたちに、同じ失敗をさせないことを目指し、今玄徳庵で教鞭をふるっています。

そんな後悔をあなたたちにはさせない。そんな思いで、読書会を前向きに開催していければなと思います。

玄徳庵であなたと共に学ぶことを楽しみにしてますね。

玄徳庵読書会への参加申し込みはこちら(通称Lクラス)

 

タイトルとURLをコピーしました